駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理に捕まえたいわけじゃない (駐車監視員心境)
 『「なんでもかんでも取り締まったら、単に憎まれるだけになってしまうからね」』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/28)
 違法駐車取り締まりを民間委託された、ある現役「駐車監視員」の方がおっしゃったセリフだとか。
 おっしゃる通り。
 記事によると、この「駐車監視員」は、『運転席に「お弁当配達中すぐに戻ります」との紙が置かれ、ハザードランプが点滅している』(同上)軽トラックの確認作業を開始したものの・・・
 途中で、ドライバーの女性が戻ってきたため、作業を中止し、『「来た」「よかった」』(同上)とつぶやいたとか。
 おおかたの「駐車監視員」は、この方と同様の心境で、毎日、違法駐車の確認作業を行っているんじゃないでしょうか。 
 「駐車監視員」の仕事は、歩合制ではないので・・・
 いくら、違法駐車の確認作業を行っても、給料があがるわけでありません。
 それなのに。
 違法駐車を告知するステッカーを貼った直後に、ドライバーが戻ってきたりして・・・
 「戻ったんだから、このステッカー、はがしてよ」
 「それはできません」
 「なんでだよ。おまえがはったんだろ、おまえがはがすのが筋だろうが」
 「いえ、いちどはったら、勝手に、はがせないんです」
 「勝手にはっといて、勝手にはがせないって、そりゃ、どういう勝手な理屈だよ」
 「この車は、駐車禁止地域に駐車していたため、われわれは法律で定められた手順に沿って、違法駐車状況の確認作業を行い、ステッカーをはりました」
 「法律って、じゃあ、おれは法律違反か。犯罪者か。おまえら、人を犯罪者呼ばわりするのか」
 「いえ、そんなつもりは」
 「そんなつもりも、こんなつもりもないよ。おまえは、今、おれにそういったんだよ。あんたは犯罪者だ、前科者だって」
 「そんなことはいってません。違法駐車とされたことに不服なら、反則金の納付書といっしょに弁明通知書が送られてくるので、それに、違法駐車した理由を書いてください。正当な理由であれば、反則金納付が免除される場合もあります」
 「正当な理由って、なんだよ。知らなかっただよ、ここが駐車していけなかったって」
 「その理由が認められるかどうかわかりませんが、そうであるなら、そのことを弁明通知書に書いてください」
 「書けばいいんだな」
 「書いても認められないかもしれませんよ」
 「なんだよ。そこまで人にやらせて、お金とるのか。じゃあ、めんどくさいから、やっぱり、このステッカーはがせよ」
 「いえ、それはできません・・・」
 以下、エンドレス。
 毎日毎日、こんな会話をしたいという「駐車監視員」は、なかなかいないはずです。
 もともとが、これまでは、取り締まられる側だった人が多い「駐車監視員」。
 取り締まる側に回っても、相手の心情が手にとるようにわかるため、「法律は法律」と割り切って作業に打ち込めるようになるのには、まだ時間がかかるんじゃないでしょうか。
 それまでの間は、職務怠慢かもしれませんが。
 むしろ、取り締まる違法駐車車両がないことを願って、毎日、担当地域を歩いているのでは・・・
 
  駐禁.com
http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/10 22:50】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。