駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちらをどかせばこちらに停める (私道駐禁事情)
 そこまでやったら、自分が捕まります・・・
 6月3日、兵庫県で、自宅マンション前にとめてあった、違法駐車の車のガラスをたたきわった男性が。
 「器物損壊」の現行犯で逮捕されました。
 男は、『車が、自宅マンション前の駐車禁止の市道に止めてあったことに腹を立て「取り締まりをしてくれ」と少なくとも2回通報した』(http://www.nikkansports.com/ 06/04)。
 しかし、警察の到着が待ちきれなかったのか。
 『約15分後に同署員が現場に駆け付けると、既に近くにあったブロックで車の後部の窓ガラスを割った後』だったとか。
 男は酒に酔っていたということだし。
 「腹にすえかねて」・・・
 という気持ちはわかります。
 けれども。
 反則金15,000円(普通車)の違法駐車行為を思い知らせるために。
 3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料という重い罰則がある、「器物損壊」をしでかすとは。
 肩がぶつかったからといって、殴りかかるようなもの。
 正当防衛とは認められません。
 ただし。
 この手の話で、ややこしくなるケースとして。
 車が違法駐車していた場所が、市道ではなく「私道」だったら・・・、どうでしょうか。
 じつは「私道」は、原則として警察による取り締まりが不可能なのです。
 違法駐車取り締まりが強化され、繁華街での迷惑駐車が減るかわりに・・・
 今後、「私道」や「私有地」への違法駐車が増えて。
 新たな社会問題になるのではないかと、心配です・・・
 
  駐禁.com
http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。