駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるでダイエットの広告 (駐禁取り締まり強化前後写真)
 やればできるんだ・・・
 全国各地で、違法駐車取り締まりを民間委託された「駐車監視員」制度がスタートした、昨日(6月1日)。
 携帯端末をめぐるトラブルなどあったものの、『「最初のことで操作している人も緊張していた。これから徐々に改善していくと思う」』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/02)と。
 沓掛哲男国家公安委員長が会見で述べたように。
 心配された、「駐車監視員」が暴力などに巻き込まれることなどの騒ぎもなく。
 とりあえずは・・・
 主要なマスコミのほとんどが取りあげたこともあり。
 「これからは、駐車違反は待ったなしで摘発です!」という警察のメッセージが。
 広くつたわったようです。
 ただ。
 たとえば、『全国の警察署の中で駐車違反の摘発数が最も多い名古屋・中署』の管轄である、『違法駐車に手を焼いてきた飲食店街の通称「錦三(きんさん)地区」(名古屋市中区)』(http://www.chunichi.co.jp/ 06/02)を写した2枚の写真など見ると・・・。
 マイケルジャクソンの整形前、整形後ぐらいちがうので。
 正直。
 「今までは、なんだったんだ・・・」
 と、だまされていたような気になります。
 地元の人でさえ、『「こんな状況は見たことがない。台風が来る時か、お正月ぐらいだね」と同地区で営業する日建錦パーキングの男性係員(59)』が驚くほどの変わりよう。
 「反則金(放置違反金)払うのがいや!」という分かりやすい理由からとはいえ。
 こんなに効果があるなら、もっと早くやればよかったのにと思う一方。
 こんなに効果があるなら、ほかの違反取り締まりも民間委託されるのでは・・・と。
 不安がよぎります。
 携帯電話使用違反、シートベルト着用違反、少々のスピード違反・・・
 ドライバーなら誰しも身に覚えがあるだろう、これら軽微な交通法違反取り締まりが。
 すべて民間委託されて、取り締まりが強化されたら。
 日本は。
 中国のような自転車大国になるんじゃないでしょうか・・・
 
  駐禁.com
http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。