駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴかぴかの・・・ 「駐禁標識事情」
 駐車違反の標識が立っている場合。
 違法駐車取り締まりを民間委託された「駐車監視員」が、これを確認するのは・・・
 初歩中の初歩ですが。
 では、その標識に効力がないとしたら。
 5月30日、福岡県警が、『県公安委員会の承認がなく法的効力のない道路標識などに基づいて、01年以降、運転者38人に誤って(駐車禁止などの)反則切符を切ったり、車をレッカー移動したりしていたことが』わかりました(http://www.asahi.com/ 5/30)。
 「そんなことって、あるんですね・・・」
 じゃすまないのが。
 じつは、『38人のうち5人は、誤摘発による違反点数が加算されて免許停止』になったとか。
 いよいよ明後日となった、「駐車監視員」制度施行。
 この時期、こんなニュースが流れると、「駐車監視員」の方もさぞやりにくいことでしょう。
 ご同情申し上げます・・・
 ところで、道路標識といえば・・・
 06年3月31日、石川県金沢市は、「周辺環境の調和した道路標識金沢特区」として認定されました。
 これは、どういう特区かというと。
 『道路標識については「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」により、全国一律に規定されているが、安全かつ円滑な交通を確保することを前提として、道路標識の表示機能には影響を及ぼさない範囲において、寸法や文字の大きさ等を周辺環境に調和して柔軟に運用することにより、地域の特性に応じた魅力ある都市景観を保全する』(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/kouhyou/060328/dai10/80.pdf)と、されています。
 ひらたくいえば、「目ざわりな道路標識を小さくし、美しい街並みを作りましょう特区」
 ちなみに、この特区認定により、最大50%まで小さくできるようになったのは。
 地名、目的地の方向などを示す「案内標識」と、道路上の危険などを知らせる「警戒標識」。
 (駐車禁止などを示す「規制標識」や、速度制限などを示す「指示標識」は、もともと、現行法でも小さくしてよかったんですね)。
 それにしても。
 道路標識のような細部にまで神経を配り、まさに全市をあげ、美観を守っていくという姿勢には。
 古都・金沢ならではの誇りのようなものが感じられます。
 さらに、どの道路標識を小さくしたらよいかなどについては・・・
 市がイニシアチブを握り、道路管理者の国や県、県警などと協議して決めていくとか。
 巨大な道路標識で景観が台なしになれば、いちばん損をこうむるのは。
 観光を大きな収入源とする市であり、そこに暮らす市民です。
 ですから。
 市が、景観保持のため、動くのは、あたりまえといえばあたりまえですが・・・
 同じ論法でいうと。
 駐車違反の標識が目立たないために、違法駐車取り締まりに影響が出ては、困るので。
 明日5月31日、「駐車監視員」制度施行前日。
 慣れるために練習で、自分の担当区域を見回る「駐車監視員」の方も多いでしょうが。
 中には。
 ふつうなら、道路パトロール隊が行う仕事なのに・・・
 「任せておけぬ」とばかり。
 人知れず、標識をピカピカに磨く「駐車監視員」の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか・・・
 
  駐禁.com
http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。