駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老母哀れ 「駐禁親不孝」
 ゲームセンターのUFOキャッチャーが好きで、子供とよくやるのですが、熱くなり、どうでもいい景品をとるのに、かなりな金額をつぎこんでしまうことがあります。
 その場は嬉しいのですが、あとで考えると、「買ったほうが安かった・・・」と後悔することしきり。
 欲しいものがあれば普通にお金を出して買えばいい、と頭では分かっているのに、「100円で手に入るかもしれない・・・」という誘惑に負けてしまうんですね。
 こんなわたしには、「特売」だの「バーゲン」だのと聞くと、目の色が変わる女性たちについて、とやかくいう資格はまったくありませんが。
 ただ、つぎのようなニュースは、ちょっと許せないかも。
 『大阪府警南署と天満署は17日までに、身体障害者用の駐車禁止除外指定車標章をだまし取り偽造するなどしたとして、詐欺と有印公文書偽造・同行使の疑いで、大阪市此花区の会社役員の男(50)ら5人を逮捕、送検した』(http://www.zakzak.co.jp/ 05/18)。
 いくら、違法駐車の反則金を払うのがいやだからといって、この会社役員、駐車禁止除外指定車標章をだましとるために、社員に、『身体障害者の母親(82)を連れ虚偽の申請』を行わせるとは・・・
 そこまでやるか。
 さらに、だまして手に入れた駐車禁止除外指定車標章を偽造して、みんなで使っていたとか。
 とんでもない話です。
 いうまでもなく、詐欺は重罪です(十年以下の懲役)。
 また、有印公文書偽造も行使も、けっして軽い罪ではありません。
 逮捕された役員は、『「会社に駐車場がなく、罰金を取られるのが嫌だった」』と供述しているとのことですが、こんなことになってしまい、罰金で済む話ではなくなってしまいました。
 目の前の反則金を支払うのは、だれでもいやに決まってます。
 でも、それをさけるために、違法な行為に走るというのは・・・
 1,000円の景品をとるために、10,000円つかうようなもの。
 結局は、割に合わなくなってくるじゃないでしょうか。
 協力させられたとはいえ、自分が原因で息子が逮捕されてしまった、社員の82歳の母親の心境を思うと、かわいそうでなりません・・・
  
  駐禁.com
http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。