駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監視員暴行で逮捕2件
 時おり、思い出しように報じられる、「駐車監視員」への暴行報道・・・
 過去の資料から、2件、出てきました。
 1=「撫でただけ」・・・
 07年7月3日、『大阪市浪速区元町2丁目付近の市道で、41歳の男性駐車監視員が駐車違反の取り締まりを実施していたところ、酒に酔った男が「何しとるんや?」などと難癖をつけてきた』(http://www.carsensorlab.net/ 07/07/07)
 『男は「自分のバイクを撮影した」として文句を言ってきたが、監視員が「バイクは撮っていない」と言い返したところ、平手で殴りかかってきた』(同上)のですが・・・
 『駆けつけた同署員に公務執行妨害の現行犯で逮捕』(同上)されると、『調べに対しては「ちょっと頭を撫でてやっただけ。大騒ぎしすぎ」などと供述している』(同上)とか。
 そういえば以前も、駐車監視員の頭をはたいて、「激励のつもりだった」と弁明している男がいましたが・・・
 裁判で、懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡されています。
 2=「ホストクラブ店長」・・・
 08年1月13日、愛知県警豊橋署は、ホストクラブの店長を逮捕。
 店長は、『知人が違法駐車した軽乗用車の確認作業をしていた66歳と56歳の駐車監視員2人に腹を立て、2人の頭をヘルメットの上から平手で数回殴り、公務を妨害した疑い』(http://www.asahi.com/ 08/01/13)。
 ちなみに、『駐車監視員2人にけがはなかった』(同上)といいますが、さきの暴行男の裁判でも、監視員たちにけがはなかったものの・・・
 『「社会的に到底許されない行為」』として、有罪となっているように、「駐車監視員」に対する公務執行妨害事件では、暴力の内容ではなく。
 ”暴行行為”そのものが許されないものとして、裁かれます。
 このホストクラブ店長は、『酒に酔っていた』(同上)といいますが、もちろん、酔っていても、罪は罪。
 裁判で裁かれることになるんじゃないでしょうか・・・ (08/05/09)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。