駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーの売上と駐禁の関係
 「駐禁取り締まり強化で、商店街から客足が遠のいた」・・・
 この手の話題は、06年6月以来、全国あちこちで聞かれます。
 なかには商店街パワーが、取り締まりの緩和を呼びこんだところもありますが・・・
 売上が落ちたお店が、アルコールをあつかっていた場合は、また話が別で。
 駐禁より、むしろ、飲酒運転取り締まり強化のほうが、影響があるんじゃないでしょうか。
 08年3月19日、愛知県で、バーを経営する男性が『公務執行妨害容疑で現行犯逮捕』(http://mainichi.jp/ 08/03/20)される事件がありました。
 男は『「店の前で(取り締まりを)やられると仕事ができん。殴って逮捕されたる」と言って、名古屋市北区大曽根の路上で駐車監視員の男性(32)の顔を殴り、3日間の軽傷を負わせた疑い』(同上)がもたれているのですが・・・
 「酔っぱらった男が、事故を起こす可能性があったのに、運転するのをとめなかった」という理由だけで、裁判で賠償金支払いを命じられる、ご時世。
 バーに飲みにきた客が運転して帰るのを黙認していたら、「飲酒運転をほう助した」と、罪に問われるのは確実です。
 駐車監視員に、やつあたりしたくなる気持ちは、わからなくもないですが・・・
 そんなことは考えにくいのですが、仮に、駐禁取り締まりが緩和されたとしても。
 ”飲酒運転をするおそれのある者に対する「酒類の提供」”(Wikipedia)は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」(同上)ですから・・・
 じつは、今回摘発された罪状、”公務執行妨害”の罰則と、ほぼ同じ(3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金 Wikipedia)だったりします・・・

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。