駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快哉をさけぶも、言い訳が減る?(警察官、駐禁とられる)
 駐車違反取締り中のパトカーが、駐車違反でつかまる・・・
 まるで、都市伝説のような話ですが、これは現実のお話。
 07年11月10日、三重県で、『交通違反の取り締まり中の三重県警鈴鹿署のパトカーを駐停車禁止の交差点付近に止めたとして、運転していた同署地域課の巡査部長(54)が交通反則切符を切られていた』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/03/19)んだとか。
 06年6月、駐車監視員に向かって、『「おまえの車はええんか」』(二例目の逮捕)とさけんだ男がいましたが・・・
 このニュ-スを聞いたら、快哉をさけんだかもしれません。
 それにしても警察も、よく、身内の違反を調査したものだと思ったら、取締中の現場を『通りかかった男性が津地検に連絡し発覚』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/03/19)したのだとか。
 通報先が地検ではなく、警察だったら、ちがう結果になっていたかもしれません。
 ただ、おかげで、パトカーを運転していた『巡査部長は反則金1万2,000円を払い、2点減点された』(同上)といいますから、警察が、身内の違反でも公平かつ厳正に処分を下すという、ひとつの証明にはなりました。
 警察官でさえ、駐禁でつかまるなら・・・
 一般のドライバーなら、なおさらです。
 駐禁ステッカーを貼られたドライバーが、「パトカーだって、違法駐車してるじゃないか」とごねても、
 この1件を知っている警察官や駐車監視員なら、胸を張って、
 「いえ、パトカーでも、違反したら、ちゃんと処分しています」とこたえられるようになったわけで・・・
 民間人としては、駐禁の、言い訳のひとつが減ったのかもしれません・・・

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。