駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なくなる空白地帯(バイク駐車場) その1
 行政の中で、すっぽり抜け落ちてたバイク駐車場に対する配慮・・・
 じつは長い間、バイクは、駐車場法の対象からはずされていたため、いざ、違法駐車取り締まりが強化されると、置き場のないバイクは、都内などでは、言葉は悪いですが・・・
 駐車監視員にとって、”入れ食い状態”でした。
 しかし、そんなバイクライダー受難の時代にも、オアシスともいうべき場所があった、のです。
 たとえば、東京都立川市での話。
 『(立川)市交通対策課によると、自転車・歩行者専用道路は道交法の駐車禁止規定が適用されず、警察は取り締まれない』(http://mainichi.jp/ 08/02/23)
 そこで、『この「駐禁空白地帯」はインターネットでも紹介され、多くのオートバイが常時駐車している状況だ』(同上)
 具体的には、駅前の放置自転車が問題視される昨今、より図体の大きいバイクが停めてあったら、「邪魔だ」と思う人がいないわけがなく・・・
 『(立川)市民から「景観が損なわれる」「危ない」などの苦情が相次ぎ、昨年(06年)7月に実態調査をした。その結果、立川駅北口の放置オートバイ53台のうち、31台が専用道路周辺に集中し、多くが他市ナンバーだった』とのこと。
 この31台のバイクのオーナーが、どんな考えで、駐車しているかはわかりません。
 ただ、ほかに停める場所があれば、愛車が盗難される恐れもある路上へ、平気で駐車しないのでは(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。