駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「偽装」と「逮捕」の損得 その4
 東京のバイクライダーはみな、おとなしいのでしょうか・・・
 そうともかぎりません。
 当サイトでも、何度かとりあげた「都民の声」欄には、何人ものバイクライダーから、あまりにお寒い、東京のバイク駐車場事情にたいする苦情が寄せられています。
 なかには、たえきれない仕打ちと思ったのか、『バイクに乗る人は、東京に来るなということでしょうか』という過激な意見すら、あります。
 ちょっとまえですが、07年9月にも、
 『(駐車違反の根本解決のため駐車場を整備して)
 先日青山骨董通り付近で駐車違反の切符を切られました。
 自分を正当化するつもりはありませんが、駐車場に止めたくてもバイクの駐車場がありません。
 インターネットで検索したところ、この地区のバイクの駐車可能な駐車場は2か所と表示されました。
 違法駐車の本当の問題点は、運転手にあるのではなく、違法駐車をせざるを得ない駐車場の数ではないでしょうか。
 駐車違反の取締りが都民の安全のためならば、バイク保持者として納税し、義務を果たしている都民の権利を求めたいと思います。<不明>』
 という、もっともな意見が「都民の声」として、掲載されました。
 これにたいする都の、青少年・治安対策本部の回答は、
 『【取組み】
 東京都では、関係各局や警視庁に加え、二輪車メーカーや駐車場事業者等とも連携した「自動二輪車駐車場整備促進検討会」を立ち上げ、不足する自動二輪車駐車場の整備促進策、ライダーへの入庫意識の醸成や駐車場への誘導策などについて検討しています。
 また、都内における自動二輪車駐車場の実態を把握するための実態調査を現在実施しています。(青少年・治安対策本部)』
 と、いうもの。
 ちなみにここで触れられている「自動二輪車駐車場整備促進検討会」の発足が発表されたのは、07年3月
 バイクライダーにとって絶望的なのは、都が、まだ「検討」の段階であるのに、いよいよ08年4月には・・・
 都内23区全域で、駐車監視員制度が実施されるという事実。
 このぶんだと、07年に全国の4割を占めたといわれる、都のバイクの違法駐車の確認標章取りつけ件数は・・・
 08年はさらに記録更新するかも・・・

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。