駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなの関係ねえ?(駐車監視員暴行事件)
 めっきり報道されなくなった、駐禁問題・・・
 すくなくとも、都市部の幹線道路では、駐車監視員制度が導入される以前より、違法駐車が減少しています。
 ただし・・・
 半年で47人
 これは、「駐車監視員」にたいする暴行事件の数ですが、こちらの数は、今後も減らないのではないでしょうか。
 というのも、第一号の暴行事件こそ、全国規模で報道されたものの・・・
 10人を超えるくらいになると、もう、珍しくなくなって、ほとんどのマスコミでは無視されているので。
 「駐車監視員に暴行すると、逮捕される」という事実を知らない人が、まだたくさんいるのでは、と思うからです。
 ただ、今でもときどき、つぎのような報道がされることも。
 07年12月2日、埼玉県さいたま市で、『男性駐車監視員(58)が違法駐車していた車に違反ステッカーを張ったところ、男が「なんでおれの車だけなんだ。ほかにもとまっているじゃないか」と、胸ぐらをつかむなどした』(http://sankei.jp.msn.com/ 07/12/03)として、公務執行妨害で逮捕。
 また、同じ日、京都府でも。
 『駐車監視員2人に暴行したとして、公務執行妨害の疑いで』『自分の乗用車に駐車違反のステッカーを張られたことに腹を立て、61歳と33歳の男性監視員の袖を引っ張ったり、帽子をたたき落とすなどした疑い』(http://www.kyoto-np.co.jp/ 07/12/03)で男を逮捕。
 駐車監視員に文句をいっても、脅しても、暴行しても、違法駐車として確認された事実がくつがえることはありません。
 文句をいうだけ、ムダです。
 これは極論ですが。
 違法駐車ステッカーを貼られたドライバーが、なにをいおうが・・・
 駐車監視員にとっては、「そんなの関係ねえ」のです・・・

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。