駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだある? 初”使用制限処分”その1
 すこし前ですが、これまた、初めてのお話・・・
 07年9月28日までに、鹿児島県公安委員会は『鹿児島市内で違反を繰り返した4台の車両に10~40日間の使用制限処分(運転禁止)を出した。2006年6月の改正後、県内での使用制限処分は今回が初めて』(南日本新聞 07/09/29)
 ”使用制限処分”とは、6カ月の間に3回以上、「放置違反金」の納付命令が出された車両にたいして、出されるもの。
 もちろん、その車両をだれが運転していたかは、関係ありません。
 たとえば、半年の間に・・・
 父親が所有する車を、息子が運転して駐車違反で摘発、奥さんが運転して同じく駐車違反で摘発。
 そして、さいごに父親本人が運転して駐車違反で摘発。
 が、息子と奥さんが、それまで家に送られてきた「放置違反金」の納付書を、父親の目にふれないように隠してしまっていたら・・・
 ある日、とつぜん、父親の愛車に『「運転禁止標章」がフロントガラスなどの目立つところに張り付けられ、管轄署が処分を順守しているか、走行距離メーターの確認などを行う』(南日本新聞 07/09/29)という”使用制限処分”が出されることがあるわけです(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。