駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45/961,000=ETC不正摘発
 マスコミが派手に報道したおかげもあり・・・
 すくなくとも、「駐車監視員」が見回るような幹線道路では、違法駐車はめっきり減りました
 ただ、ぎゃくにいえば、これまで・・・
 ある意味、違法駐車は、ほぼ野放しだったわけです。
 同じように、これから本格的に、対策が必要とされるのが、ETCの不正通行。
 なにしろ、『全国の高速道路で2006年度、料金所のノンストップ自動料金収受システム(ETC)の開閉バーを強行突破するなどした不正通行が過去最多の約96万1,000件に上ったことが、国土交通省のまとめでわかった』(http://www.yomiuri.co.jp/ 07/10/20)のですから・・・
 この数字には、驚きました。
 『警察当局による不正ドライバーの摘発は06年以降、少なくとも45件あるが、多くのケースでは運転者を特定できていないのが現状という』(http://www.yomiuri.co.jp/ 07/10/20)。
 なにしろ、45/961,000=0.005%以下の確率です。
 捕まるほうが珍しいかも。
 じつは、野放しだったんですね、ETCの不正通行問題・・・
 この問題は、当サイトでも何回かとりあげたことがありますが、逮捕されたドライバーに共通している特徴があります。
 それは、”確信犯”であること。
 出来心で、ETC料金所を不正通行してしまうのではなく。
 何回も、何十回も、場合によっては、400回も不正通行をくりかえしているのです。
 しかし、『不正通行で料金を徴収できなかった被害額については、一律料金制の首都高速と阪神高速の場合、約2億9500万円と約1億7000万円だった』(同上)といいますから、このまま野放しにしておけば、そのしわ寄せは、ちゃんと料金を負担しているドライバーにくるわけで・・・
 せっかく高速道路も民営化されたことだし、「ETC不法通行監視員」制度があってもいいのでは・・・

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。