駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えてられない違反回数 (レッドカードの登場は?その4)
 今はまだ、捕まるのは運次第?・・・
 違法駐車して、駐車監視員か警察官に確認されたら・・・
 警察署に出頭して反則金を払うか、そのまま放置するかの二択。
 放置した場合、車の所有者に放置違反金の仮納付書が送付され、ここでも・・・
 違反金を納付するか、放置するかの二択、と、ここまでは・・・
 盗まれた車が違反した場合などをのぞき、違法駐車が発覚した、どんなドライバーもたどる道筋です。
 ところが、このあとの展開はケ-スバイケース・・・ というより、運任せ。
 じつは、明確なルールが存在しないのです。
 たとえば、”放置違反金を納付しないと財産を差し押さえられる”というのは、当サイトでもお伝えしてきましたが・・・
 じゃあ、どれくらい、あるいは、何回違反したら、差し押さえられるのか。
 これまでの報道を見るかぎり、そこには法則はありません。
 全国初の財産差し押さえは、06年9月、東京都の運送会社でしたが、この会社は最後に違反してから、放置違反金2回分を、3カ月放置していました。
 そして、07年2月、香川県で四国初の財産差し押さえが行なわれましたが、このとき対象となったドライバーは最後に違反してから、放置違反金1回分を、8カ月納付しませんでした。
 さらに、07年3月、愛知県で、最後に違反してから6カ月、放置違反金14回分を払わず、計18万円の財産を差し押さえられた、という報道がありました。
 これみんな、”財産差し押さえ”という処分は同じなのに、違反回数、違反金金額、放置していた日数・・・
 条件はまったくちがいます。
 共通しているのは、ただひとつ。
 「放置違反金支払い命令」を無視していたこと・・・(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。