駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚えてられない違反回数 (レッドカードの登場は?その1)
 高くて10万円ぐらい? なのに反則金63万2千円!・・・
 初めてだろうが、50回目だろうが、はたまた、トラックだろうが、ミニバイクだろうか、同じです。
 変わらないのは・・・
 違法駐車車両に貼られる黄色い「放置車両確認標章」、通称「ステッカー」に書かれた文章。
 『駐車違反
 速やかに移動してください。
 この車は、”放置車両”であることを確認しました。
 この車の使用者は、◯○公安委員会から放置違反金の納付を命ぜられることがあります。
 なお、この標章が取り付けられた日の翌日から起算して30日以内に、この車を運転し駐車した者がこの違反について反則金の納付をした場合又は公訴を提起され、若しくは家庭裁判所の審判に付された場合は、この限りではありません』
 ”やっちまった。このままだと、車に乗れなくなるかも”・・・
 そう思い、警察署などにステッカーをもって出頭すれば、待っているのは反則金と免許点数の加点の処分。
 ただし、乗っていたのが、車両価格が何百万円もする外車ならいざしらず・・・
 10万円ぐらいで買えるようなミニバイクだったら、どうでしょう。
 ”え、これだけでバイクの値段の1/10? 見なかったことにしよう”・・・
 そう企んで、ステッカーを破りすてようとするかもしれません。
 ”最悪、バレたら、このミニバイク捨てて、新しいの買えばいいや”・・・
 ところが07年8月2日までに、大阪府で、ミニバイクの違法駐車による、逮捕者が出ました・・・(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。