駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値上げは”白紙”のタクシー業界(タクシーの話題その14)
 ナビゲーター不在? 迷走するタクシー業界・・・
 『国交省の安富正文事務次官は(07年5月)31日の定例会見で値上げを認可する時期について「日程は白紙だ」と述べた』(http://www.asahi.com/ 05/31)
 ここで”白紙”とされているのは、07年4月に決定したかに思えた、東京地区をふくむ、タクシー運賃の値上げ。
 東京地区(都内23区と武蔵野市、三鷹市)では、06年から、『運転手の労働条件の改善などを目的に平均18.7%の(運賃)値上げを国土交通省に申請』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 05/31)していたのですが・・・
 5月15日には、大田経財相が、『「運転手の賃金が下がっていることを消費者に転嫁する形で解決していいのか疑問がある」と指摘』(http://www.nikkei.co.jp/ 05/15)するなど、反対意見が出て、ついには『国土交通省は(5月)31日、タクシー運賃値上げの認可制度を見直す方針を明らかに』(http://www.asahi.com/ 05/31)するという騒ぎに。
 その後、「タクシー運賃値上げ」に関する話題が、あまり騒がれないところをみると、おそらく、政府内では、新しい”タクシー運賃値上げの認可制度”についての議論が交わされているものと思われます。
 それにしても、タクシーの一利用者としては・・・
 福岡の290円タクシーなどのような、激安タクシー会社が増えるとありがたいのですけど・・・
 ただ、運賃の値下げは、とうぜんながら、タクシードライバーにしわ寄せがいきます・・・(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。