駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待される、その形 (車ナンバー)
 目立ちすぎて逃げられません・・・
 5月22日、愛媛県松山市は、『ミニバイク用に、雲をイメージした形のナンバープレートの交付を7月から始めると発表した』(http://www.zakzak.co.jp/ 05/23)
 『大きさは縦約10センチ、横約20センチと、これまでのプレートとほぼ同じ。曲線の輪郭で雲の形をイメージした』(同上)
 雲の形のナンバープレート・・・
 ぜひ一度現物をみてみたいものですが、なんでも松山市は、『作家の故司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」の舞台』(同上)となった縁から、この4月に『観光客の誘致拡大を目指し「坂の上の雲ミュージアム」』をオープン、この雲型ナンバーも、同小説をイメージしたものだとか。
 松山といえば、夏目漱石の「坊ちゃん」の町として有名ですが・・・
 これからは司馬遼太郎もくわえた、二枚看板とする目論みなのかもしれません。
 ところで、車のナンバープレートの形は、『市町村や区が条例で定めて』(http://www.zakzak.co.jp/ 05/23)いるということですが、だったら。
 個人的に期待したいのは、08年秋に導入されるご当地ナンバー、「富士山」。
 そう、世界的に有名な”フジヤマ”型のナンバープレートの登場です。
 なお、松山市の市長は、今回、約280万円の経費がかかったという雲型ナンバー導入に際し、つぎのようにコメントしています。
 『「システム変更に数億円掛かるご当地ナンバー導入に比べると、大変安上がりだ。特色ある形で話題性もある。観光や地域振興に役立ってほしい」』(同上)
 名より実をとって、してやったり、といった心境でしょうか。
 ちなみに、ご当地ナンバー「富士山」が採用されたとき、御殿場市の市長も感激の緊急記者会見を(フライングして)開いていますが、この松山市市長の会見を聞いたら、おそらく、対抗心がメラメラと燃え上がるでしょうから・・・
 フジヤマ型のナンバープレートも、ほんとに期待してもいいかもしれません。
 もっとも、雲型やフジヤマ型ナンバーで都内を走ったら、「・・・1」のような人気ナンバーと同じように・・・
 注目の的になるので、駐禁でも、速度違反でも、違反逃れはできませんね・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。