駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐車監視員」制度拡大へ向けての課題のひとつ (公務執行妨害)
 半年の間に、47人もの逮捕者・・・
 これは、「駐車監視員」への公務執行妨害容疑での、逮捕者数です。
 07年3月には、テレビ局社員が「駐車監視員」の体をゆすったりするなどして、取り押さえられるという事件が発生しましたが・・・
 この事件では、容疑者が社会的に興味をもたれる職業だったからニュースになっただけで、「駐車監視員」への暴行事件は、いまや、報道すらされないのがふつうです。
 たとえば、5月13日、京都府警東山署は・・・
 『東山区祇園町南側のお茶屋街の路上に乗用車を駐車。同日午後0時15分ごろ、駐車監視員の男性(62)が違反標章を張り付けたところへ戻り、「取り消せ」と怒鳴って男性の胸ぐらをつかんだり左ふとももを足げりした疑い』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 05/14)で、公務執行妨害容疑で、建築業の男性を現行犯逮捕しましたが・・・
 報じたのは、あくまでも地方紙。
 全国的には流れないニュースでした。
 ただ、この事件で気にかかるのが、男性が京都府在住ではなく、『滋賀県高島市』(同上)とあることです。
 京都府の警察署のなかで、「駐車監視員」制度を導入しているのは、14警察署(54人/27ユニット)
 たいして、滋賀県では、1警察署(4人/2ユニット)のみ
 違法駐車した現場が”お茶屋街”とあることから、おそらくこの男性は、祇園に遊びにきていた客ではないかと思われますが・・・
 もしかすると、滋賀県では、大津駅周辺ぐらいでしか見かけない「駐車監視員」に、初めて違反標章(ステッカー)を張られ、事情がよくわからずに逆上したのかもしれません。
 だいたい、「駐車監視員」は、全国都道府県で導入されているとはいえ、43警察署で総勢530人も導入している東京都や、27警察署で総勢258人の「駐車監視員」に委託した大阪府のほうが、むしろ珍しくて・・・
 1警察署(2~4人)しか「駐車監視員」がいない県が、全国で15県もあるのです。
 しかし、都市部での劇的な成功を受け、「駐車監視員」制度は、拡大傾向にあります。
 今後、新たに、監視員が見回りはじめる地方では・・・
 この滋賀県の男性のように、思いもよらず「駐車監視員」のお世話になり、もめるケースが続出するのかもしれません・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。