駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWなのに赤信号? 観光タクシー (タクシーの話題その13)
 苦労した甲斐はあるのか? 観光タクシー・・・
 違法駐車・飲酒運転取り締まり強化で、売上倍増かと思いきや・・・
 むしろ値上げしなければやっていけないところにまで、追い込まれたタクシー業界。
 そんな苦境を乗り切るため、利用客のサービス向上を図り、07年3月、長野県では、第一回「長野県観光ガイドタクシー」認定試験が実施され、250人以上のタクシー運転手がテストにのぞみました。
 が、しかし。
 そうした、お客さんに喜んでもらえるよう、一生懸命勉強する、観光タクシー運転手のやる気をなくすような報道が、先日ありました。
 『タクシー運転手のガイドで名古屋の観光名所を巡る貸し切りの「なごやガイドタクシー」の利用が激減している。05年の愛知万博を見込んで前年秋に導入したが、開催後は減少。今年に入って利用者ゼロの月もある』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 04/21)
 なんでも、この「なごやガイドタクシー」、『万博期間中の05年6月は109回333人の利用があったが閉幕後に激減し、昨年(06年)12月と今年(07年)1月の利用はゼロだった』(同上)とか。
 利用者ゼロとは、あまりな数字です。
 ちなみに、04年10月運行開始当初、「名古屋観光タクシー運営協議会」が行なった試験に合格し、「なごやガイドタクシー」の資格を持った乗務員は140名いたとか
 でも、最盛期でさえ、月間"109回”の利用ということは・・・
 一ヶ月に一度も出番のなかった「なごやガイドタクシー」有資格乗務員が、30人以上いるということになります。
 「なごやガイドタクシー」の試験に合格するには、わざわざ、名古屋の『歴史や産業、英語、名古屋弁の講習』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 04/21)を受ける必要があったのに、果たして、苦労した甲斐はあったのか?・・・(続く)

駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。