駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想通り? (違法駐車出頭状況)
 「幾つかの仮定」、実現中・・・
 04年4月8月、内閣委員会で、警察庁の人見交通局長(当時)はつぎのように発言しています。
 『(前略)標章を取り付けたうちの三割ぐらいが運転者として反則金を納付し、これはあくまで仮ですが、残りの七割が放置違反金の納付により処理されるなど、幾つか仮定を置いた場合(後略)』(http://kokkai.ndl.go.jp/ 04/04/08)
 これは、「駐車監視員」制度を導入すれば、警察官約500人分の手が空くだろうという計算の、”仮定条件”について述べている場面での発言ですが・・・
 じっさいに、「駐車監視員」制度が開始され、10カ月。
 その「幾つかの仮定」は、現実のものとなっています。
 『警察庁の調査では、昨年6~7月の全国の駐車違反で、昨年(06年)10月末までに違反処理が済んだのは約33万件。うち運転者が出頭したのは全体の約3割(約9万3,000件)にとどまり、約7割(約23万7,000件)は放置違反金のみが支払われていた』(http://www.asahi.com/ 04/07)
 違法駐車を摘発された場合、運転手として出頭すれば、反則金を納付した上で、免許点数の加点(いわゆる「減点」)される。
 出頭せずに、車の使用者(持ち主)として、反則金と同額の放置違反金を納付すれば、「減点」はない。
 どっちを選ぶかは、もちろん、個人の判断に委ねられますが、多くの人は、後者を選んでいるようです。
 ただ、車の使用者にたいする罰則は、まったくないわけではなく・・・
 『違反を繰り返せば、車の使用制限のペナルティーがあり、改正後、昨年(06年)11月末までに常習的な放置駐車車両への使用制限命令は88件という』(同上)
 たとえば06年11月には、神奈川県で、じつに150日という長期にわたる使用制限命令が出されています。
 この、反則金と放置違反金のちがいについては、当サイトでもとりあげましたが、いまのところ・・・
 世のドライバーが、それほど問題にしているとは思えません。
 その証拠に、まもなく二年目に突入する「駐車監視員」制度は、めだった世論の反発もなく、対象地域などが拡大されようとしています・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。