駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙いは”カーナビ” (「車上狙い」被害)
 『車上ねらいの1件あたりの平均被害額は昨年調査時より約8万円上昇して39万円になりました』(日本損害保険協会HP 03/19)・・・
 これは、3月19日発表された、「自動車盗難事故実態調査(2006年度実施)」に掲載されたデータです。
 ちなみに、平均被害額が急上昇した理由は・・・
 カーナビが盗まれるケースが、被害全体の4割近くを占めるようになったため。
 最近のカーナビは高性能になっていますが、そのぶん、価格も高価なため、狙われているのです。
 ちなみに調査によれば、06年度、都道府県でもっとも車上狙いが多かった(26.3%)のは、大阪府。
 そのため・・・
 不名誉なワ-スト1を記録してしまった、大阪府警HPでは、06年12月から、車上狙いが多発している地域をカーナビ上に爆弾マークで表示するシステムの運営を開始したり、車内にものを置かない「車内からっぽ宣言」運動を推奨したりするなど、汚名返上に躍起。
 ただ、皮肉なのは・・・
 駐車監視員制度が導入されるまえ、「大阪の違法駐車の現場は甘くない」とまでいわれていた大阪で、制度導入後、御堂筋の放置車両が約8割も減るなど効果が出てきたというのに。
 車上狙いの約7割(※大阪市域内。大阪市域外では約8割)が、駐車場で被害にあっているということ。
 駐車違反をまぬがれるため、駐車場に停めたのに、こんどは・・
 車上狙いを気にしなければならないとは。
 ”難儀な話”です・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。