駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車上ならぬ”駐車場荒らし” (まるで終戦後の日本)
 これぞ、ほんとうの”駐車場荒らし”・・・
 2月12日、神奈川県小田原市で、『市辻村植物公園の駐車場わきにある公衆トイレの屋根の銅板が盗まれる被害が相次ぎ、市は小田原署に被害届を出した』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 02/14)という事件がありました。
 ”いくら銅が値上がりしてるとはいえ、屋根までとるのか”と驚きましたが、このニュースを聞いて、昔、読んだ、サザエさんの漫画を思い出しました。
 たしか、家の玄関から、人の靴を盗む、”靴泥棒”の話です。
 そのとき、子どもだったわたしは、「靴なんか盗んでどうするんだろう」と思いましたが、いまにしてみると、たぶん、終戦後の日本が舞台で、物資不足の時代、盗んだ靴は自分で履くのか、または闇市で売ったのでしょう。
 ただし、それから60年以上もたっている今、トイレの屋根を盗むような事件が起きるとは。
 また2月21日、『行田市埼玉(さきたま)で、博物館入り口に設置されたステンレス製の車止め4本、40万円相当が盗まれているのを出勤した職員が発見した』(http://fnn.fujitv.co.jp/ 02/21)との報道が。
 『さらに、80メートルほど離れた公園の臨時駐車場でも、車止め9本、45万円相当が盗まれていた』(同上)とか。
 車上荒らし、自動車盗どころか・・・
 もう、道路にあるもの、すべて持っていかれそうな勢いです。
 現代日本は、ある意味、終戦直後並みに物騒になっているのかもしれません・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。