駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンリン♪ (究極”駐禁対策”=自転車の話題その5)
 究極の”駐禁対策”といえる、自転車に関する5つの話題、その5・・・
 『警察庁は(2月)19日、自転車が通行する歩道や車道で危険な個所がないかどうか点検を始めることを決めた』(http://www.nikkei.co.jp/ 02/20)・・・
 自転車用の車道?
 じつは、『自転車は道交法上の「車両」にあたり、車道を走るのが原則』(http://www.nikkei.co.jp/ 11/30)。
 だから、子どもを前後に乗せて、歩道を疾走しているお母さんたちなど、ほんとは、みんな違反してることになります。
 けれども、ひっきりなしに車がいきかう道路を走って、万が一、自転車が転倒した場合、うしろに乗せてる子どもが放り出されたら・・・
 そう考えると、警察としても、なにがなんでも、「自転車は車道を走りなさい」と指導できなかったのでは。
 だいたい、道交法で定められた、本来、自転車が走るべき道路は、車道左側端ですが・・・
 都市部などでは、車道左側端の多くは、違法駐車車両が邪魔して、とても走れたものではなかったことも事実だし。
 それが、違法駐車取り締まり強化で、みちがえるほど道路が空いてきたことから、「じゃあ、つぎは自転車問題か」となったのでは。
 とりあえずは、現状、黙認状態の、歩道を走る自転車について、『警察庁は今国会に、子どもが運転する自転車や、車の通行が激しい場合などに限り、歩道走行を解禁する道路交通法改正案を提出する』(http://www.nikkei.co.jp/ 02/20)予定。
 そして、そのために冒頭の、道路の点検を『危険な場合は歩道上に自転車通行部分を指定したり、車道に自転車専用通行帯を設置するなどの対策を進める』(同上)ために行なうのでしょう。
 では、さらに、その先には、なにが待っているかというと、おそらく・・・
 放置自動車ならぬ、放置自転車の規制の強化ではないでしょうか・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。