駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれくらい増えた? (駐禁取締り事情)
 警察庁の予測では、「駐車監視員」制度が導入されたら、駐車違反の取締り件数は2倍になるはず・・・
 じっさいはどうだったのでしょうか。
 1月25日、警察庁は、「平成18年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締り状況について」(警察庁HP)という文章を発表しましたが、そのなかの、"道路交通法違反の取締り状況”というページには・・・
 『駐車違反については、195万3,788件(告知・送致件数と放置違反金納付命令件数の合計)で、前年(告知・送致件数)に比べ36万411件(22.6%)増加した』(同上)とありました。
 22.6%・・・
 微妙な数字です。
 2倍にはほど遠く、1.5倍にも達していない・・・
 しかし、「駐車監視員」制度が施行されたのは、06年6月1日のこと。
 つまり、1年のうち半分近くが経過していたわけで、導入直後から「駐車監視員」が期待通りの活躍をみせていれば、1.5倍の数字となったかもしれません。
 ところが、6月1日当日、蓋をあけてみれば・・・
 日本テレビの「民間監視員取り締まり 早くもトラブル」というニュース見出しに代表されるように、あちこちのマスコミに、不慣れな確認作業にとまどう「駐車監視員」の姿が取り上げられたのは、まだ記憶に新しいところ。
 その結果、全国246警察署が委託する「駐車監視員」計1,593名が、初日に駐車違反の標章を貼った違法駐車車両の数は・・・
 わずか965件だったといいます。
 そうした過去を思えば・・・
 「駐車監視員」だけで、半年に58万5203件の違反標章を取り付けたという結果は、むしろ健闘したといえるんじゃないでしょうか。
 これから、さらに「駐車監視員」は増員されるらしいし・・・
 "2倍”という目標も、かなり近い将来、達成されるような気がします・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
都民の声の投書にも
エリンギさま、現場の声、ありがとうございます。
都民の声の投書にもありましたが、
単純に、「駐車監視員」の見回り地域には、
駐車しなくなっただけ・・・ なんですかね。
「駐車監視員」制度を、見回り地域撤廃、
無差別確認実行、ノルマ制ぐらいやらないと、
2倍にはいかないのかも。
もっとも、そこまでやったら、
「魔女狩り」ならぬ「駐禁狩り」がはじまりますね・・・
【2007/02/01 01:46】 URL | 駐禁.com管理人 #OEB/KK76 [ 編集]


2倍なんて無理だって!(笑)
私の担当している署は、住宅地が中心ですが、昨年の11月頃からは本当に少なくなりましたから。

マトモな人は、一度貼られて二度と止めないようになったし、マナーの悪い人も何度も貼られて、レッカー移動や使用制限やられて止めなくなりました。

幹線道路では、瞬間的な違法駐車はありますが、貼れる車は殆どありません。
生活道路では、住宅密集地なのに1キロ以上先まで車が無いなんてことは珍しくなくなりました。

8月から10月頃がピーク。
最近はピーク時の7割程度、地域によっては半分も貼れなくなってます。
【2007/02/01 00:51】 URL | エリンギ #lOie9AEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。