駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大目に見てほしい」 (滋賀県ドライバー苦情)
 文句を言われる駐車監視員・・・
 06年6月1日から、4人(2ユニット)の駐車監視員に違法駐車の確認作業を委託した滋賀県警がまとめたところ・・・
 06年6月~11月末までに、滋賀『県内で張られた「違反ステッカー」は計7,546枚。うち1,779枚(約24%)を駐車監視員が張った』(http://www.chunichi.co.jp/ 01/13)とか。
 4人(2ユニット)が6カ月で1,779件の確認作業を行なったということは・・・
 1,779件÷2(ユニット数)÷183日(6カ月)=約4.9台。
 ちなみに06年度、駐車監視員は全国で1580人おり、
駐車監視員による違反標章の取り付け件数は、半年間で58万5203件だったいうことですから・・・
 585,203÷790(ユニット数)÷183日(6カ月)=約4台。
 これが、06年6月~11月までの、駐車監視員1ユニットが1日に張り付ける違反標章数の平均。
 平均を上回っている滋賀県では、最重点路線であるJR『大津駅前のメーン道路約600メートルで、午前10時の放置車両を調べたところ、制度導入前の5月30日は23台だったが、導入後は1日3~6台に減った』(http://www.chunichi.co.jp/ 01/13)と、目に見えて効果が出ているようです。
 もっとも、滋賀『県警には、ドライバーから「大目に見てほしい」「確認時間が短すぎる」との苦情が寄せられ、監視員が現場で文句を言われるケースもあるという』(同上)・・・
 530人もの駐車監視員が活動する東京都とはちがい、県全体でたった4人しかない、滋賀の駐車監視員。
 駐車監視員制度ができたことは知っていても、いざ自分が取り締まり対象となると、なかなか受け入れられない県民も多いのでは・・・
 なお06年度、47都道府県のうち、駐車監視員が4人以下は23県(滋賀県をふくめて)もあります。
 これらの県民にとって、とくに、駐車監視員が見回る重点地域と縁がない住民にとって、違法駐車取り締まり強化は・・・
 あまり、実感が湧かないのかもしれません・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。