駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州初の”差し押さえ” (放置違反金滞納)
 4カ月のタイムラグ・・・
 違法駐車の処分は、1=反則金納付(運転者) → 無視 → 2=放置違反金納付(所有者) → 無視 → 督促 → 無視 → 財産差し押さえ、という流れになっていますが・・・
 1月26日、福岡県警は、『駐車違反金を期限までに納付しなかったとして、(福岡)県公安委員会が県内の男性2人と事業所2社のそれぞれの銀行口座から違反金計約4万円を差し押さえた、と発表した』(http://www.asahi.com/ 01/26)
 なお、福岡『県警によると、差し押さえは九州で初めてという』(同上)とか。
 全国で初めて、この”財産の差し押さえ”が行なわれたのは、06年9月東京、でした。
 それから約4カ月・・・
 福岡県警駐車対策課によれば、九州初の差し押さえの対象となった、『3件の駐車違反があったのはいずれも昨年(06年)6月』(http://www.asahi.com/ 01/26)だとか。
 東京都が行なった全国初の差し押さえも、同時期の駐車違反が対象。
 それがなぜ、これだけのタイムラグが発生したのでしょうか・・・
 やはり、人員の問題?
 たとえば「駐車監視員」の数をみても・・・
 06年度、東京が違法駐車確認作業を委託した、民間の「駐車監視員」の数は530人
 同年、福岡県では、24人の「駐車監視員」に委託。
 九州のほかの県を合わせても・・・
 佐賀県2人長崎県8人熊本県8人大分県6人宮崎県4人鹿児島県8人と、全部で60名にしかなりません。
 これは、東京の約1/8以下。
 じっさいには、「駐車監視員」が差し押さえを決めたり、実行しているわけではありませんが・・・
 「駐車監視員」の数がちがえば、確認する違法駐車の件数もちがってくるし、入ってくる「放置違反金」の金額にも差が出てくるのは、当然。
 そして、「放置違反金」が多ければ、違法駐車を取り締まる体制をさらに強化できますが、少ないとそうもいかない・・・
 07年度、東京はさらに、「駐車監視員」が増えるとの報道もあるので・・・
 九州も「駐車監視員」を増員していかないと、こうしたタイムラグが、ますますひどくなるんじゃないでしょうか・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。