駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の土地でも「逮捕」 (国立公園に駐車場)
 このニュースを知るまで、「国立公園」はすべて「国有地」だと思ってました・・・
 1月22日、奈良県警吉野署などは、『吉野熊野国立公園内にある土地に無許可で土石を搬入するなどして、形状変更したとして』(http://www.jiji.com/ 01/22)、自然公園法違反の疑いで、林業を営む男性を逮捕しました。
 男は、これら資材を使い、『「駐車場にして、商売しようと思っていた」と話しているという』(同上)のですが・・・
 不思議だったのは、勝手に人の土地に作ろうとしたわけではなく、土地そのものは『同容疑者の所有地』(同上)だったとか。
 「国立公園」なのに、なぜ?
 困ったときのwikipediaで調べてみると・・・
 『自然公園は、環境大臣が指定する国立公園・国定公園、都道府県知事が指定する都道府県立自然公園があり、いずれも自然環境の保護と快適で適正な利用が推進されている。土地の所有に関わらず地域が指定されているため、公有地のほか、民有地が含まれている場合もある』(http://ja.wikipedia.org/)とか。
 初めて知りました。
 「国立公園」というからには、国が所有しているか、または国が民間から買い上げて管理している土地だろうとばかり思っていました・・・
 ちなみに「国立公園」では、”普通地域”でも『制限は最小限だが、基準を超える工作物の建築、広告の表示、土石の採取、地形の変更などには届出が必要』(同上)なんだとか。
 逮捕された男性は、駐車場を作るため、”地形を変更”しようとして(した?)法律違反にあたるとされたわけです。
 それにしても、逮捕された男も・・・
 「おれの土地なのに、駐車場作るくらい、いいじゃないか」と思っているかもしれません・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。