駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月に対応では遅いかも? (「駐車禁止除外指定車標章」偽造事情
 ゴム印まで偽造・・・
 07年6月には、「車」から「人」へと交付対象が変更される予定の「駐車禁止除外指定車標章」。
 その変更の原因のひとつとなった、同標章の偽造が、また発覚しています。
 07年1月12日、京都府警・伏見署が、有印公文書偽造・同行使の疑いで送検した男は・・・
 06年『12月19日、伏見区内の駐車禁止の市道に乗用車を止め、車のダッシュボード上に偽造した身体障害者用の駐車禁止除外指定車標章を掲示した疑い。「どこでも駐車できるように、標章をカラーコピーするなどして作った」と供述している、という』(http://www.kyoto-np.co.jp/ 07/01/12)。
 ちなみに、『伏見署によると、偽造標章は本物そっくりで、同署は容疑者の自宅から偽造に使ったパソコンやゴム印などを押収し、元の標章の入手先などを追及している』(同上)とのことですが、偽造が発覚したきっかけは・・・
 『偽造標章は昨年11月中旬、伏見区のスーパーの駐車場に落ちていた。発見者が交番に届け、伏見署が発行番号を調べて偽造と分かり、記載されていた車両番号から容疑者を割り出した』(同上)とか。
 ということは、もし容疑者がうかつにも紛失しなければ、標章が変更される6月まで、事件は発覚しなかったかもしれません。
 それどころか、ゴム印まで作るほどの力の入れようからすると、標章が変わっても、新しい標章を偽造していたかも・・・
 場合によっては「毒食らわば皿まで」の心境で、身障者であることを証明する手帳まで、偽造しようとしたかもしれません。
 現在、飲酒運転などの懲役・罰金刑を強化しようという動きがありますが、こうした偽造についても罰則を強化するか、さもなくば免許証と同じようにICカード化し、偽造を難しくしたほうがいいんじゃないでしょうか・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
むずかしい問題です
駐禁取り締まりが強化され、配送ドライバーのとなりに座ってるだけのバイトとかもあるそうですが、そうしたバイトが、この標章を持っていた場合、どういう扱いになるのでしょうか。標章を仕事に使っては行けないという規則とか、あるのでしょうか。むずかしい問題だと思います。
【2007/01/23 00:24】 URL | 駐禁.com管理人 #OEB/KK76 [ 編集]

暴力団の資金源に!
路上駐車許可証として3年間の駐車料金を考えれば、10万円でも買う人は多いでしょう。
冗談抜きに、偽造防止と正規使用の確認に全力を挙げてもらいたい。
こんなものが大量に出回ったとしたら、駐車監視員の仕事は(だまされて)楽になるけれど、渋滞や2重駐車が復活して交通が混乱するでしょう。
【2007/01/22 22:12】 URL | マカデミアン・ロッキー #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。