駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な逆転現象 (スズキ最下位)
 売ってからが問題?・・・
 12月20日、顧客満足度などマーケティング情報サービス会社であるJ.D.パワー アジア・パシフィックが発表した、軽自動車(国産)のアフターサービスに関する調査結果は・・・
 『「日産」と「スバル」が最も高い総合評価を得て同率トップとなり、これに「マツダ」「ホンダ」「ダイハツ」「三菱」「スズキ」の順で続いた』(http://www.nikkeibp.co.jp)とか。
 意外な結果です。
 軽自動車でもっとも高いシェアを誇るのは、いうまでもなく、スズキ。
 06年こそ、2位ダイハツに肉薄されているものの、05年まではなんと、33年間シェア1位を守ってきたというから、名実ともに、”キング・オブ・軽自動車”。
 維持費が安いこと、デザインや安全性が向上したことから、『今や乗用車の3台に1台が「軽」の時代』(http://www.asahi.com/ 12/20)といわれるほど。
 そんな軽自動車人気の中、スズキの『ワゴンRは、現行型も月1万8千台と、自動車全体で見ても日本で最も売れている』(同上)車です。
 しかし、アフターサービス部門の人気は最下位・・・
 これは、なにを意味しているのでしょうか。
 個人的な予想ですが、最初の1台はともかく、2台目、3台目と消費者が選ぶ車は・・・
 調子の悪いときすぐ直してくれるなど、アフターサービスのよい、自動車メーカーの製品だと思います。
 とくに、機械に強くないとされる女性ドライバーの利用が多いとされる、軽自動車。
 デザインや安全性で、普通自動車と肩を並べるまでになった軽自動車に、つぎに要求されるのは・・・
 アフターをふくめた、トータルなサービスの提供ではないでしょうか・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。