駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国駐禁関連報道8
全国駐禁関連報道8・・・

大阪御堂筋"8割減"=12月6日、大阪府警が発表したところによると、『大阪市のメーンストリート御堂筋の放置車両が、民間の駐車監視員制度が導入された6月以降の半年間で約8割の大幅減になった』(http://www.asahi.com/ 12/06)とか。『導入前の5月25日では、この(午後2時、5時、9時の)時間帯に計543台の放置車両があった。半年後の11月24日には計111台と約8割減っていた』(同上)。ただし、『夜間の客待ちタクシーなどが改正前より微増しているという』(http://www.zakzak.co.jp/ 12/07)ことですが、それにしても・・・
 御堂筋以外でも、『時間帯でいくらか違うが大阪市内で7割前後、それ以外も4割前後、前年同期に比べ違法駐車が減っていた』(同上)とのことですから、府警みずから「大阪の違法駐車の現場は甘くない」と語っていた5月の状況からしてみれば、ウソのようです。当初大阪では、「駐車監視員」に警察官の”付き添い”がついていましたが、これだけ立派な成績なら、きっと独り立ちしていることでしょう・・・

徳島県”2人で半分”=徳島県では、『今年(06年)6月から導入された民間駐車監視員が先月(11月)末までの半年間に検挙した駐車違反の件数が県警の検挙数全体の半分を占めたことわかりました』(http://www.jrt.co.jp/ 12/07)とか。徳島県内で「駐車監視員」に違法駐車の確認業務を委託したのは、わずかに徳島東署の2人(1ユニット)のみ。にもかかわらず・・・
 『県警によりますと駐車監視員が導入された6月から先月末までの駐車違反の検挙件数は1078件で』、『この内、民間駐車監視員が検挙した件数は507件にのぼり全体のおよそ47%を占めました』(同上)とのこと。計算すると、507件÷183日=約2.8件となりますが、半年の間に2人の「駐車監視員」が50日あまり休暇をとったとすれば、507件÷130日=約3.9件となります。これは、全国的に見てほぼ平均値ですが、徳島県では、違法駐車の検挙件数自体、『前年の同じ時期に比べて287件少なく』(http://www.jrt.co.jp/ 12/07)なっており、県警は『「去年より全体的に駐車違反の検挙件数が減少し、市民への抑止効果もあった」』(同上)と評価しています。たしかに、違法駐車している車がいなければ、検挙のしようがありません・・・

山口県では"効果薄れる?”=下関署が、「駐車監視員」2人(1ユニット)に違法駐車確認業務を委託している山口県では、『(違法駐車取り締まり強化)施行直後には、繁華街の商店街から姿を消していた路上駐車が、少しずつ戻り始めている』(http://mytown.asahi.com/yamaguchi/ 12/07)とか。『下関署によると、6~11月の違反車両の取り締まり件数は、監視員が633件(前年実績なし)、署員が560件(前年同期1163件)の計1193件』(同上)。計算すると、633件÷183日=約3.7件、「駐車監視員」が休暇を50日とったとすると、633件÷130日=約4.8件と悪くない成績ですが・・・
 『商店街内にある市営長門町駐車場の利用者台数も施行直後の6月は7099台だったが、徐々に利用台数が減り、10月は5313台にとどまった』(同上)とのことで、下関署も『「違法駐車への認識が緩んできた」』(同上)としています。また、「駐車監視員」が見回る『商店街の関係者からは「車で来る客が減り、売り上げが落ちた」と悲鳴があが』(同上)っていると伝えられていることなどから、山口県はいちど、07年度の「駐車監視員」制度について、愛知県のように地元の意見を聞いてみたらどうでしょうか・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。