駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一挙両得? (「駐車規制及び駐車許可制度の運用」改正案)
 ふたつの駐禁問題、一挙解決の妙案?・・・
 12月7日、警察庁は、『これまで身体障害者本人や介護する家族の使う車両に対して公安委員会が交付していた駐車規制除外の標章を、障害者ら歩行の困難な人(本人)に交付することを決めた』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 12/07)とか。
 違法駐車取り締まりをまぬがれる「駐車禁止除外指定車標章」については、これまで・・・
 馬券を買うのに悪用されたり、通勤したり仕事をするために偽造されたり・・・
 本来の用途とはちがった使われ方をされてるケースがあると、たびたび報道されてきました。
 また、『身体障害者ら介護の必要な人たちの送迎を一般のタクシーと同じ料金で行い、通院などの貴重な足としてニーズも高い』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 12/07)介護タクシーについては、『駐車禁止の適用除外が認められておらず、今年6月の(違法駐車)取り締まり強化以降、タクシー側は「摘発が気になり送迎に専念できない」などと適用除外を訴えていた』(同上)という、いきさつがあります。
 今回の警察庁の、「駐車禁止除外指定車標章」発行先の変更は・・・
 これら、2つの問題を一度に解決する可能性を秘めています。
 ちなみに、『障害者が利用する車両に対する駐車禁止規制除外標章の交付件数は、2005年末時点で約43万5000件。いずれもナンバーを特定して車両ごとに交付している』(http://www.nikkei.co.jp/ 12/07)とか。
 警察庁によれば、この約43万5000件の「駐車禁止除外指定車標章」、『来年1月中にも、全国の警察本部に、関係する公安委員会規則の改正を求める通達を出し、同6月までに』(同上)、”車から人へ”と、発行先を変える予定だとか。
 ”ひょうたんから駒”のようなアイデアですが、みごとな解決策となることを期待します・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。