駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシー業界に追い風2 (金沢市商店街の試み)
 たんなるサービスではなく、タクシー会社が地域の活動と密着している例としては、10月から埼玉県羽生市で実施されている免許をかえした高齢者の利用料金を一割引にする試みなどがありますが・・・
 古都・石川県金沢市でも、11月3日から、『金沢市中心部とJR金沢駅東口を結ぶ無料ショッピングタクシーの運行が』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 11/04)開始されました。
 『無料タクシーは、同市中心部の五つの商店街(竪町、香林坊、片町、柿木畠、広坂)と商業施設でつくる「金沢中心商店街まちづくり協議会」が企画。駅東口に乗車場、商店街に降車場を六カ所設け、商店街から駅へは、竪町商店街広場近くで乗車できる』(同上)とか。
 じつは11月2日には、JR金沢駅東口に大型商業施設「金沢フォーラス」がオープン、ここを訪れたお客を帰さずに、そのまま市内の商店街へ誘導しようという作戦です。
 ただ、だれでも無料タクシーを利用できるわけではなく、「金沢中心商店街まちづくり協議会」『発行の無料タウン情報誌「金沢5タウンズマガジン」(予定部数14万部)に付いたチケットが必要で、情報誌は運行当日に駅前で配る』(同上)。
 また毎日、どこのタクシー会社の、どのタクシーでも無料で乗れるわけではなく、『無料タクシーは、大和タクシー(金沢市)と契約を結び、正月商戦を終える来年一月八日まで毎土日祝日の計二十六日間、午前十時から午後八時まで運行する』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 10/29)仕組み。
 大和タクシー株式会社は、小型タクシー199台などを所有する金沢の大手タクシー会社ですが、期間中は、駅前と商店街のトンボ帰りが続くんじゃないでしょうか。
 この『商店街による無料タクシーは全国的に珍しいといい』(同上)、注目を浴びていますが、ぜひ成功してもらいたいものです。
 ちなみにイオン系の「金沢フォーラス」は8階建てで、1階には9スクリーンもあるシネマコンプレックスがあり、レストランやファッションブランドなどを中心に、189ものテナントが入った北陸最大級のファッションビル。
 併設されたフォーラス駐車場には、24時間営業で461台の車が駐車可能、さらに近くの金沢駅西口時計駐車場(1500台)など付近一帯の契約駐車場をふくめると、全部で3000台もの駐車スペースを確保したとか。
 今回の違法駐車取り締まり強化では、大きなショッピンセンターがある地域一帯が、「駐車監視員」の最重要地域となっているケースが少なくないことから・・・
 これからできる商業施設・娯楽施設にとって、駐車場の充実は、成功のために欠かせない要素といえるのではないでしょうか。

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。