駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク駐車場難民、北と南 (札幌と長崎)1
 北と南のバイク駐車場難民・・・
 なぜかバイクは、半世紀もの長い間、駐車場法の対象外とされてきたため、全国的に専用駐輪場が不足しているのですが・・・
 そんなことはおかまいなしに、06年6月1日から強化された違法駐車取り締まりでは、原付もバイクも取り締まり対象とされています。
 そのため、バイクの違法駐車をめぐっては、大阪や、東京、そして兵庫など、各地で問題が起きているのですが・・・
 北の大地、北海道札幌市でも・・・
 札幌市の大通公園に、大量のバイクが駐車され、問題となっているとか。
 『きっかけは強化された違法駐車の取り締りです。民間の駐車監視員が道路や舗道に停めるバイクを取り締まるようになった事で、行き場を失ったバイクが公園内に押し寄せているのです。一般道とは違い大通公園は札幌市が管理する公園です。バイクが停められていても、道交法の適用外で駐車監視員は違反切符を切れません。ライダーたちにとって公園は安心な駐輪場です』(http://www.stv.ne.jp/ 11/02)
 歩道などに停めると違法駐車をとられ、かといって専用駐輪場を探しても見当たらないバイクライダーたちが、やむをえず公園に愛車を置いているのでしょうが・・・
 本来の公園の目的は、もちろん、駐輪場ではなく、人々の憩いの場。
 なかでも、毎日のように遊びにくる小さい子どもたちにとって、鉄の塊であるバイクは、危険きわまりないシロモノです。
 そのため・・・
 公園のバイク駐輪問題について、『札幌市では5万円以下の過料が科せられる条例の適用も含め、厳しく対処していく事を検討しています』(同上)とのこと。
 行き場をなくした北のバイク難民は、つぎは、どこへ行けばいいのでしょうか・・・
 (2につづく

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com

重点地域 (大通地区)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。