駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇み足 (駐車監視員かんちがい)
 あってはならないミスが・・・
 06年6月1日の施行以来、都市部の交通渋滞の緩和などに絶大な効果を発揮している「駐車監視員」制度。
 警察庁初の民間委託である、この「駐車監視員」制度、よくまちがえて理解している人が多いのですが、「駐車監視員」は好き勝手に違法駐車を取り締まっているわけではありません
 違法駐車確認作業を委託した警察署の指導監督のもとに、取り締まる地域まで指定され、その範囲内で作業しているのです。
 各地の「駐車監視員」が見回る地域は、HPで公開されており・・・
 ある意味、ガラスばりのような状況。
 したがって、まちがいが起きる確率は低いはずなのですが・・・
 『今年6月に始まった民間の駐車監視員制度で、神奈川県警南署の委託を受けた監視員2人が、駐車禁止区域ではない横浜市道で、誤って延べ12台の車両にステッカーを張りつけたことが(11月)2日、分かった。同県警によると、ステッカーの張り間違いが発覚したのは全国で初めて』(http://www.asahi.com/ 11/02)
 『神奈川県警駐車対策課は、標章を張られた9人に直接説明し謝罪した。既に反則金などを仮納付した人には、還付手続きを進めている』(http://www.jiji.com/ 11/02)とのことですが、そもそも、なんでこんなミスが起きたかというと。
 『現場の市道と駐車禁止の道路との交差点付近に駐車禁止標識があり、監視員が現場を駐車禁止と勘違いした』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 11/03)からだとか。
 『県警駐車対策課長は「誠に申し訳ない。今後は指導を徹底したい」と話している』(同上)と平謝りですが、こういうニュースが流れると・・・
 「自分の違法駐車も、ほんとは平気だったんじゃないか」と調べ、警察署に申し出るドライバーが続くんじゃないでしょうか。
 ただ、「駐車監視員」を監督する立場の警察自体、過去に・・・
 法的効力のない道路標識に基づいて違法駐車取り締りをしていたことが明らかになっており、やはり人間がやっている以上、あるていどのミスは避けられないのかもしれません。
 もっとも、たまたま、ミスで駐車違反の反則金(放置違反金)を払わされたドライバーにしてみれば、たまったものではないので・・・
 県警も、『「新しい制度が効果を生んでいる中、このような事が起きて申し訳ない」としている』(http://www.asahi.com/ 11/02)と語っていることですし、今後は、制度の正当性を疑われるようなミスが起きないよう、期待したいと思います・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com

南署


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。