駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速する軽自動車人気 (軽自動車事情)
 さまざまな面で普通自動車より経済的な軽自動車は、『業界団体の全国軽自動車協会連合会によると、「10~12月に前年同期比1.5%増加すれば(初の年間販売台数)200万台に乗る」という』(http://www.business-i.jp/ 10/20)ぐらい、人気が高まっています。
 しかし、その軽自動車人気の主役は、日産(「モコ」)でも、ホンダ(「ゼスト」)でもなく・・・
 33年間シェア1位を守ってきたスズキと、それに続く、ダイハツ。
 全国軽自動車協会連合会によれば、『上半期の軽自動車の新車販売台数は96万1721台(前年同期比4.9%増)で、年度上半期としては過去最高。1位のスズキが28万7262台、シェア29.9%だったのに対し、ダイハツが28万1747台、29.3%に迫った』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 10/15)とのこと。
 2社合わせてシェア60%近くとは、圧倒的です。
 ちなみに、スズキは1月に「MRワゴン」、ダイハツは6月に「ソニカ」を発売。
 それにたいし、ダイハツは10月にリニューアルした「ムーヴ」を投入。
 そして、さらにスズキは11月に「セルボ」を発売予定ですが、スズキは『06年度全体の軽の生産台数は前年度比で3万台減らす予定で、販売ペースは年度後半から鈍りそうだ』(同上)との見通しで、『今年度末にはダイハツが初の首位に立つ可能性が高まっている』(同上)とか。
 どちらが1位になるにせよ、これからは「軽の時代」になる予感すらします。
 これで、違法駐車の反則金や放置違反金が、普通自動車より安くなったら、さらに”軽”を選ぶ人が増えるかもしれませんが・・・
 まあ、バイクをみても、原チャリでもナナハンでも反則金や放置違反金が同じなんで、車だけ金額を変えるということは考えにくいですね・・・
 
 駐禁.com
 http://www.駐禁.com


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。