駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の交通安全運動運動、飲酒事故60%減
 10月2日、警察庁が発表したところ、9月21日~30日まで行なわれた06年「秋の全国交通安全運動」の期間中、飲酒運転による事故が、05年より60%以上減少したことがわかりました。
 期間中に、全国で発生した飲酒運転事故は112件。
 05年度同期は299件だったため、62.5%(187件)の減少となります。
 なお、今回の全国交通安全運動の重点項目は、8月に福岡で起きた、飲酒運転車に追突されてRV車が川に転落した事故の影響もあり、「飲酒運転の根絶」でしたが・・・
 警察による徹底した取り締まりが実を結んだかたちとなりました。
 ただ、飲酒運転事故が減少した原因として、警察の力以外にも、連日マスコミが飲酒運転のニュースを流しつづけた効果もあったんじゃないでしょうか。
 不謹慎かもしれませんが、”飲酒運転報道ブーム”じゃないかと思うくらい、毎日毎日報道されています。
 もっとも、これだけ報道されてるのに、いまだに全国のどこかで、「自分だけは平気だろう」とお酒飲んで運転している人がいるのも、すごい話ですけど・・・
 ただ納得いかないのは、今年に入っていきなり飲酒運転が増えたわけではなく、騒がれる以前から起きていたのに、なぜマスコミはそれを放置していたんでしょうか。
 ひょっとしてCMスポンサーである車メーカーに配慮していた?
 それが違法駐車取り締まり強化で、「だめなものはだめ」というあたりまえの判断で動く「駐車監視員」が誕生、その行動を追って報道していくうちに、違法駐車などとは比べものにならないほど危険な飲酒運転についても・・・
 「飲酒運転のほうがあぶなくない? 報道しようよ」という風潮になったのかも。
 こうなってくると車メーカーも、「作って売ったら、あとはドライバーの問題」というわけにもいかず、そのうちPL法の一貫として、車の取り扱い説明書に、薬などと同じような「車の運転は法律を守って、警察官の指示にしたがって運転してください」という注意書きが入るようになるかもしれません・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。