駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷区、目黒区など11区は車上荒らし注意! (駐車監視員空白区事情) 
 知らずに「犯罪監視員」も兼任?・・・
 経済アナリスト・森永卓郎氏は、「改正道交法の経済効果は2.5兆円」と試算しましたが、東京都23区にかぎっていえば、その経済効果は約1800億円だとか。
 9月13日、警視庁交通部は、都内における違法駐車取り締まり強化の、06年6月~8月までの結果を発表しました。
 それによれば・・・
 『渋滞緩和が経済や環境に与える効果を調べたところ、目的地に到達するまでの所要時間が1日平均約11時間短縮しており、年間1720億円分の効果があると試算。削減された燃料代なども含めると、経済効果は1810億円に上るという』(http://www.yomiuri.co.jp/ 09/13)。
 さらに、経済効果だけはなく、環境保護にも貢献しており・・・
 渋滞が減ったことにより、『大阪市とほぼ同じ面積の森林が1年間に吸収する二酸化炭素約15万トンの排出を削減できると試算している』(http://www.nikkansports.com/ 09/13)
 さらにさらに、犯罪の抑止にもつながっていて・・・
 『制度導入前の今年1~5月、(駐車監視員に業務を委託した)43署の車上荒らしは月平均で135件だった。ところが、6、7月は94件と約3割の大幅減少。一方、(駐車監視員に業務を委託していない)58署の車上荒らしは1~5月の月平均で177件。6、7月は171件で、微減にとどまったという』(http://www.asahi.com/ 09/14)
 交通部では、『狙う車が少なくなり、駐車監視員の“目”もあるからではないか」と分析して』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 09/14)いるとか。
 ちなみに都内で、「駐車監視員」に業務を委託した43警察署はこちら
 区でいえば12区、江戸川区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、墨田区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、文京区、港区で、車上荒らしが減りました。
 しかし逆にいうと、残り11区、足立区、荒川区、板橋区、大田区、葛飾区、北区、杉並区、世田谷区、中野区、練馬区、目黒区では、いまだ車上荒らしがはびこってるわけで・・・
 むしろ今後は、12区から車上荒らしが移動してきて、増える可能性すらあります。
 こうなってくると、この11区から、「いいことだらけの駐車監視員制度を11区で導入しないのは不公平」という声があがってきて・・・
 07年度はこれら11区でも、また、多摩地区でも駐車監視員制度が導入されるかもしれません・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。