駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力テストのススメ (駐車監視員試験)
 その数字は、ひっそりと書かれていました・・・
 『一方、今月(9月)10日までに監視員に対する公務執行妨害事件が29件発生、計30人が逮捕され、監視員が2週間のけがをするケースもあった』(http://www.nikkansports.com/ 09/13)
 これは、9月13日発表された、『民間委託で放置駐車7割減、1800億円節約』と題された記事の終わりの部分です。
 記事の内容は、警視庁の調べによると、「駐車監視員」制度導入により・・・
 『導入前の5月末と導入後の8月末で放置駐車台数を比べると、東京都内の主要10道路は74%減少。大阪の御堂筋は73%減、愛知の主要6道路も71%減』(同上)
 『東京23区と14政令指定都市の幹線道路の渋滞緩和で目的地に着く時間短縮と走行費が減少し、年間で約1800億円の節約効果』(同上)
 と、数々のめざましい効果があがっていると報じているもので、この終わりの部分だけが、暗い内容。
 ちなみに当サイトでは、「駐車監視員」の公務執行妨害で逮捕される事件があるたびに報じてきましたが・・・
 10人目の逮捕者が出た8月はじめころより、どうやらこうした事件は、”ありふれた事件”として処理されるようになったようで、ほとんどマスコミに出てこなくなりました。
 ですから、それから一ヶ月あまりで倍の20人が逮捕されていたなんて、まったく知りませんでした。
 ちなみに、全国の「駐車監視員」の数は1580人
 それが三ヶ月で、そのうちの約3.6%(29組=58人)が被害にあったということは・・・
 このペースで1年がすぎたとすると、全体の約14%(110組=220人)が、事件に巻き込まれる計算になります。
 あくまでも机上の計算なので、実際にこの通りになるとは思えませんが、それにしても高い確率です。
 これは、機会があるごとにいってることですが・・・
 「駐車監視員」の試験は、ペーパーテストだけでなく、体力テストも必要だと切に思います・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com体力テストのススメ (駐車監視員試験)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。