駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセ「駐禁標識」登場 (アメリカ・ニューヨーク駐禁事情)
 海の向こうの話ですが、あまりにバカバカしくて笑ってしまいました・・・
 アメリカのニューヨークといえば、日本以上に違法駐車取り締まりが厳しいことで有名ですが・・・
 そのニューヨーク市の『ブルックリンの路上で8月末、ニセ物の「駐車禁止」標識が突然出現し、駐車してあった車が「本物の」警察に撤去される騒ぎが起こっている』(http://www.cnn.co.jp/ 09/04)んです。
 なんでも、あまりに本物そっくりの標識で、警官もニセ物だと気づかずに、その標識の内容(午前8時から午後6時まで駐車禁止)にそって違法駐車の車に「駐車違反」切符を切ったとか。
 被害者の男性は、『車の引き取りのため、反則金60ドル(約7000円)を含む205ドル(約2万4000円)を支払った』(同上)ものの、あとでニセの標識だったことがわかり、怒っているといいますが・・・
 いまだに、だれが、なんのために、ニセ物の標識を置いたか謎。
 近年、まれに見る珍事件ですが、おそらく、犯人は名乗り出ないでしょう。
 1930年代、ニューヨークで活躍した挿絵画家・ヒュートロイは、いたずらの天才としても有名で、セントラルパークに置いているあるのとそっくりのベンチを買い、それをこっそり公園に運びこむと・・・
 わざと警官の前でベンチを持ち去ろうとして逮捕させ、あとでベンチの領収書を見せ、警察に謝罪させるといういたずらを繰り返したといいますが、こんどのニセ物の「駐車禁止」標識騒ぎも、ヒュートロイと同じような、いたずら好きのしわざのような気がします。
 ひょっとすると犯人は、厳しすぎる駐車違反取り締まりに、一石投じたかったのかもしれませんね・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。