駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値上げへの動き (タクシー料金事情)
 ”都内タクシー初乗り750円”?・・・
 06年5月ころから急騰しはじめたガソリン価格。
 それにともない・・・
 倒産する会社が出たり、飛行機やバスの運賃、変わったところではまぐろの値段が上がったり、一般道の給油所より高速道路の給油所が安い(06年8月時点)ことから大渋滞が発生したり・・・
 社会的にさまざまな影響が出ていますが、とうとう・・・
 タクシー業界にも値上げの動きが出てきました。
 『都内23区、武蔵野市、三鷹市で営業するこの(タクシー)業者は8月31日、中型車の初乗り運賃660円を750円に改めることを申請した。加算運賃も含めた値上げ率は10.5%』(http://www.asahi.com/ 09/02)。
 タクシーはガソリンではなく、液化石油ガス(LPG)で走りますが、原油が値上がりすればつられて値上がりするのは、ガソリンもLPGも同じ。
 もともと過当競争にあえぐタクシー業界は、6月からは「客待ちタクシー」も違法駐車として取り締まりの対象とされるなど、まさに踏んだり蹴ったりの状態なので・・・
 今回の値上げ申請も、やむをえずといった感があります。
 ただ、申請を受けた関東運輸局では、申請内容の審査をすぐにはじめるわけではなく、『(06年)11月末までの3カ月間に、同じ東京の営業地域の全タクシー台数(3万2575台)の7割以上の業者が値上げ申請すれば、同運輸局が審査を始める』(同上)んだとか。
 したがって、”都内タクシー初乗り750円”が、来年早々に実現するということは、まずありません。
 個人的には、短期間に何回も値上げすることになるので・・・
 多くのタクシー会社は、消費税増税の行方をにらんでから、値上げ申請をするんじゃないかと思っていますが。
 なんにしろ、タクシープールが整備され、客待ちできる場所が増える、または、過当競争や原油高などの問題が改善されるなど・・・
 状況が好転しないかぎり、どこのタクシー会社も、値上げしないと経営が厳しいのは確か。
 このままいくと。
 500円で乗れる”ワンコイン”タクシーというのがありますが・・・
 初乗り1000円の”ワンペーパー”タクシーが登場する日もくるかもしれません・・・
 
 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。