駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とばっちり? (バイク駐禁事情)
 もしかして、とばっちり?・・・
 兵庫県で、興味深い報道が2件ありました。
 まず、06年6月1日に違法駐車取り締まりを強化してから、同県神戸市内で違法駐車台数が半減したというニュース。
 『駐禁取り締まりの重点路線に指定された神戸市内51路線のうち、主要8路線の違反車台数が施行前に比べ半減していることが(7月)16日、兵庫県警交通指導課の調査で分かった』(http://www.kobe-np.co.jp/
 調査を行なった日は、取り締まり強化前の5月30日、強化一ヶ月後の6月30日、そして強化二ヶ月後の7月27日。
 それによると「瞬間路上駐車台数」の減少率は、『長田区の市道五位ノ池線(6月約73%減、7月75%減)』を筆頭に、8路線中5路線で50%以上と、ひじょうに高い数字をしめしたとか。
 また、減少率が低い路線についても、兵庫県警交通指導課は『「7月から駐車監視員とともに土日や夜間の取り締まりも強化しており、徐々に効果が出るだろう」と説明。「各警察署へ取り締まり強化を要望する声も相次いでおり、取り締まり重点路線以外でも、積極的に取り組む」』(同上)としており、実際・・・
 『6月の減少率が特に低かった中央区加納町三丁目交差点東側の山手幹線(約11%減)と阪急三宮駅南側の中央幹線(約12%減)』も、7月にはいって『35~36%減まで改善』(同上)したとされます。
 つぎに気になったのは、『バイクの駐禁取締りで、兵庫県警は今年6月の1カ月間だけで、昨年1年分以上の取締り強化を行っていることがわかった』(http://response.jp/ 08/04)という報道。
 それによれば、05年に兵庫県警が行なった『バイクの駐停車違反検挙件数は181件しかなかった』のに、06年6月に『兵庫県警が行ったバイクの放置駐車確認標章取付件数は494件だった』(同上)だったとか。
 報道にもありますが、駐停車違反検挙件数と『標章を貼っただけの取付件数は単純比較できない』(同上)のですが、それにしてもこのペースで違法駐車のバイクを取り締まっていき、駐停車違反が確定したなら、年間で5928件となり・・・
 なんと昨年の約32倍以上。
 駐車場法の対象外とされてきたバイクは、極端に専用駐車場がすくないことは、当サイトでも何回も触れていますが、これはひょっとすると・・・
 自動車の違法駐車が減ったので、バイクの違法駐車に目がいくようになった、ということは考えられないでしょうか。
 だとしたら、やはり。
 全国のバイクライダーは、選挙では毎回、自分たちの意見を代弁してくれる議員を選ぶことを心がけるべきでしょう。
 ちなみに8月22日、神奈川県川崎市で、他人のバイクに貼ってあった駐車違反のステッカーをはがした男子学生が道交法違反容疑で摘発されるという事件があり、『「警察官を困らせたかった」と供述している』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/24)ことですが・・・
 まあ、ただのイタズラだったとは思いますが、もしかして・・・
 この学生は、バイク駐車場がほとんどないのに、違法駐車取り締まりは強化するという法制度の矛盾を見すごすことができず、体をはって抗議したのかもしれません。
 だとしたら将来、バイクライダーのために活躍してくれる国会議員として、名を馳せるかもしれませんね・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com

兵庫県駐禁事情
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。