駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去にお伝えした情報の「関連ミニ情報」2
しゃべるカーナビ/警察庁は、制限速度オーバーの『車には信号を送り、カーナビゲーションシステムの画面と音声で警告するシステムの導入を決めた』(http://www.nikkei.co.jp/ 08/24)。名前は「速度情報提供システム」。走る車の速度を、街頭などに設置するセンサーで測定し、違反している場合は、カーナビを通じて『「制限速度を超えています。速度を落として下さい」』と注意を促すシステム。『年内にも東京都内の幹線道路でモデル事業を始め、効果を確認して全国に広げる計画だ』(同上)。つぎは違法駐車の警告システム?


駐車監視員にかみつき男初公判/8月23日、岡山地裁で、駐車監視員に噛みついたとして、公務執行妨害と傷害の罪に問われていた男の初公判があり、男は、『「基本的に(噛みついたことに)間違いない」と起訴事実を大筋で認めた上で「腕をつかんだ際に滑って口に当たった。かもうという気持ちはなかった」と述べた』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/23)。ちなみに、噛みつき男の前に、駐車監視員に暴行した男は有罪となっている。


客待ちタクシー一斉取り締り/8月10日、岡山県警は『岡山、倉敷両市で駐車違反の一斉取り締まりを実施し、運転手49人に反則切符を切った』(http://www.mainichi-msn.co.jp/)。岡山県警には、『「なんでタクシーの客待ちは許されるのか」「危ないのでどうにかして」などと市民から苦情や要望が多く寄せられていた』とか。県警では『「客待ちは許されるという自己中心的な認識を払しょくしなければならない」』、『「事情は分かるが、とにかく違法にならないようにやってもらうしかない。今後も厳しく取り締まる」と話している』(同上)。なお客待ちタクシーは、各地で取り締まられるようになってきた。


レギュラーガソリン価格/8月23日、石油情報センターは、全国給油所の8月のレギュラーガソリン平均店頭価格は、1L144円だったと発表。7月に比べ7円の上昇。これを受け、全国の平均店頭価格を参考にしている高速道路の給油所も、9月1日からレギュラーガソリンを1L144円にすることを決定(http://www.jiji.com/ 08/25)。


高速道給油所売上/一般道の給油所より安く(1L137円)ガソリンが入れられるため、お盆の帰省ラッシュ時など大混雑だった高速道路の給油所。『東日本高速道路は(8月)24日、お盆の期間を含む8月9~20日に高速道路の給油所の売上高が前年同期より81.3%多い50億5000万円となったと発表した』(http://www.yomiuri.co.jp/)。


高速道渋滞状況/8月21日、東・中・西日本の各高速道路会社は、8月9~20日までのお盆期間中、『30キロ以上の渋滞が42回と昨年より9回(27.3%増)増加』(http://www.yomiuri.co.jp/)したと発表。『3社では「ガソリン価格の高騰でマイカー利用が控えられるのではと心配されたが、意外に影響は少なかった」としている』(同上)が、当サイトが想像するに、高速道路の安い給油所が目当てだったドライバーも多かったのでは。

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。