駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプションから必需品へ (カーナビ事情)
 カーナビも個性の時代?・・・
 車両サイズなどに応じた駐車場を選んで表示し、空き状況、そこに行くまでの経路なども一目で確認できる"ITカーナビ"はすでにあるようですが、技術の進歩は目覚ましく・・・
 トヨタ車についてるカーナビには、『事故時にエアバッグの作動を自動的に感知してオペレーターが警察や消防に通報するなどの独自サービス』(http://www.asahi.com/ 08/08)もあるとか。
 もっともこれは、クラウンなどの高級車のみ標準装備されているカーナビで、しかも事故時の通信サービスは有料、でした。
 でした、というのは、これからは無料となる可能性が出てきたためです。
 『カーナビなどの車載情報端末を使った通信サービスで劣勢だったトヨタ自動車が攻勢に転じた。有料にこだわったため伸び悩んでいた利用者数が、5月にサービスの一部を無料にすると急増。2010年の利用者数は従来予想の3倍の300万人に膨らむと見込むほどだ』(同上)
 たった4年で3倍とは、ものすごい急増ぶりですが、逆にいえばこれまでオマケくらいにしか思ってなかったカーナビに、もっと力を入れていかないと車が売れないと、メーカーが考えているのでは。
 実際、違法駐車取締りの強化にくわえ、このところのガソリン価格の急騰もあり・・・
 持ってるだけで、自動車税、自動車重量税、自賠責保険など税金を払わなくちゃならない車は、いまや、生活の必需品というより、お金のかかる趣味の一つとなりつつあります。
 足がわりというだけなら、維持費のかからない軽自動車でもいいわけですし・・・
 いまの車には、実用性だけでなく、趣味性を満足させるための機能が求められており、カーナビ機能がその一つとなっているんじゃないでしょうか。
 アメリカでは、ただの道案内だけなら携帯電話でもできるようになってるいるし・・・
 将来的には、カーナビと会話ができるのはもちろん、その声まで選べるようになるでしょう。
 有能な女性秘書風の声、渋いナレーター風の男性の声、SF映画のロボットが発音しているような声・・・
 ただし、有名アイドルの声を入れたカーナビが発売されたら・・・
 一日中車から出ないでカーナビと会話してる、新手の”ひきこもり”が出現するかもしれません・・・
 
 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。