駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法駐車以外も取締り強化 (道交法逮捕事情)
 「こんなことで逮捕なの!」と嘆かずにすむように・・・
 違法駐車のステッカーを貼られたからといって、「駐車監視員」を暴行し、公務執行妨害の疑いで逮捕されるケースがあとをたちませんが・・・
 ほかにも、「これくらい平気だろう」と思っていたら逮捕されてびっくり、というニュースが、いくつかありました。
 1=31kmスピード違反で、会社員逮捕
 8月7日、岡山県警岡山南署は、最高速度40kmの市道を71kmで走り、速度違反を犯した男性会社員を、道交法違反の疑いで逮捕しました。
 ただし現行犯ではなく、『県警は交通裁判のため19回にわたり通知書を送付。電話でも6回連絡し、岡山簡裁へ呼び出したが会社員は仕事を理由に応じなかった』(http://www.nikkansports.com/ 08/07)ため、悪質と判断されての、逮捕。
 『会社員は「こんなことになるなら早く出頭すれば良かった」と反省しているという』(同上)
 まったくです・・・
 2=自転車2人乗りで、女子高生書類送検
 8月8日、宮城県警仙台南署は、自転車を2人乗りした高校1年生の女子高生を、道交法違反の疑いで、任意の事情聴取しました。
 『署員の警告を聞き入れないで乗り続けたのは悪質と判断、同容疑で仙台家裁に異例の書類送致する』(http://jyoho.kahoku.co.jp/ 08/09)
 『運転していた生徒は「まさかパトカーが追い掛けてくるとは思わなかった」と話している』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/09)
 この女子高生はさぞかし、泡を食ったでしょうが・・・
 今年、06年4月から警察庁は、自転車事故が多発していることから、車だけでなく、自転車の交通違反取り締まりも強化しています。
 酔っぱらって自転車に乗ってると、逮捕されるかもしれないので、オトーサンも注意が必要です・・・
 3=車道でスケボーに乗り、会社員逮捕
 8月8日、神奈川県警加賀町署は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」さながら、スケートボートに乗って車道を走った会社員を、道交法違反の疑いで逮捕しました。
 男性会社員は『横浜市中区山下町の市道で、同署員の注意を無視して、約100メートルにわたり車道でスケートボードに乗った疑い。片側2車線の道路は交通量が多く、男性は左側車線を占領して走ったため、後続車両はブレーキをかけたり、進路変更するなどして混乱した』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 08/09)
 『会社員は「まさか捕まるとは思わなかったので、警告を無視してしまった」と話しているという』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/09)
 ちなみに、逮捕された会社員は36歳。
 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第1作が公開されたのが1985年ですから、ちょうど主人公の設定と同じ、高校生ぐらいの時に映画を見て、影響されたのかも。
 もっとも、今では36歳になってるわけですから・・・
 映画の真似をするには、すこし歳をとりすぎてると自覚すべきでした・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
話がずれるかもしれませんが
犬神正義様、コメントありがとうございます。
話はずれるかもかもしれませんが、よく、「日本人は平和ボケしている」といわれますが、
この問題の根底には、こうした精神的な要素がからんでいるような気がします。
ミサイルが飛んできても「自分の上には落ちてこないだろう」・・・
日本のどこかで地震があっても「自分の家が壊れることはないだろう」・・・
駐車監視員を暴行して逮捕されたという話を聞いても「これぐらいのクレームなら許されるだろう」・・・
当事者意識がないというか、人ごとというか。
テレビなどを見すぎているためか、仮想現実と目の前の現実との区別がつきにくくなっている
のでしょうか。
【2006/08/13 00:13】 URL | 駐禁.com管理人 #- [ 編集]


結局のところ、遵法精神の欠けている人間は
罰を与えないと、自分がどんなに悪い事をしているか
気付かないんですね。
まるで、分別のない子供みたいな気がします。
【2006/08/12 23:43】 URL | 犬神正義 #ESwkL7HY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。