駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄えある(?)1位 「駐禁事情」
 駐車違反と並んで、一般ドライバーが身近に感じる道交法違反というと・・・
 飲酒運転、携帯電話使用等、最高速度(スピード)、座席ベルト(シートベルト)装着義務、といったところではないでしょうか。
 このうち、取締り件数がいちばん多い違反って・・・
 シートベルトだったんですね。
 平成17年の駐車禁止場所等違反が1,490,000件だったことは、先日調べましたが、警察庁発表の同じ表でみると、
  140,873件(飲酒運転=酒気帯び、酒酔い合計)
  522,625件(携帯電話使用等違反)
 2,763,193件(スピード違反=速度15未満~速度50以上合計)
 そして、
 3,186,884件(シートベルト違反)
 高速道路などに自動速度取締り機(通称オービス)を設置したり、町中を白バイで走り回って摘発しているスピード違反でも、シートベルト違反の摘発件数には敵わないんですね。
 ちょっと意外。
 ちなみにチャイルドシート着用違反は、わずか40,817件。
 しかし。
 民間委託により、駐車違反の摘発件数は、これまでの約2倍になると予測されています。
 ということは、スピード違反も、シートベルト違反も抜きさり、栄えある(?)取締り件数1位違反の座に躍り出るわけです。
 もっとも、シートベルト違反は反則金はなく、加点が1点あるだけなのに、駐車違反(普通車)は、最低1点の加点に加え、最低10,000円の反則金。
 好きな歌手がヒットチャート1位になるのとちがって、こっちの1位は・・・全然うれしくない・・・
 
 駐禁.com
http://www.駐禁.com


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。