駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売上倍増となる秘訣? (タクシー運転手事情)
 違法駐車が減って走りやすくなったからといって、あまりタクシー業界には影響はなかったようです・・・
 『(タクシー運転手)お客様の様子・6月1日からの違法駐車取締り強化によって、自家用車による渋滞が解消されタクシー需要が増えるのではないか、売上が倍増するのではないか、と期待したがあまり変化はない』
 財団法人日本経済研究所が、景気の動向について調べた報告書の中に、こんな回答がまじっていました。
 そんな、単純なものではなかったんですね。
 ただ、タクシー会社の中には、社会情勢の変化に頼るのではなく、自ら努力してお客を呼ぼうとしているところも出てきています。
 たとえば札幌のタクシー会社が、2カ月前からはじめた、新たな試みとは・・・
 『インターネットのホームページや携帯電話のメールでタクシーが呼べる新しいシステム』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 07/31)です。
 なんでも『北海道内のタクシー会社では初の試み。タクシー予約が中央区や西区など市内全域に広がり、リピーターの利用も増えたという。「ホームページで見た」と東京から観光旅行の事前予約が入ったケースもある』(同上)と好評のようですが・・・
 タクシー会社のHPや、HPに掲載したQRコードを携帯で読みとって、メールでタクシーが予約できるという、このサービス。
 こういってはなんですが、いまどき、飛行機のチケットでさえ携帯から予約できるのに、なんというか・・・
 やってなかったのが不思議なくらい、ありそうでなかったサービスです。
 もちろん、やらないより、やったほうがいいに決まってます。
 なんといっても、タクシー業界は立派なサービス業。
 そしてサービス業の鉄則は、”サービスのいいところに客が集まる”。
 折しも、来年、07年の国会に提出される予定の「タクシー業務適正化特別措置法改正案」では、新人タクシー運転手に、接客講習を義務づけるとか。
 携帯電話の性能は、どんどん進歩しています。
 近い将来、個人的に利用契約しているタクシー会社の車がどこを走ってるのか、GPS機能で調べ、直接携帯から予約できるようなシステムが完成しないともかぎりません。
 場合によっては、運転手の指名もできるようになり、”お抱えタクシー(マイタクシー)”が誕生する可能性さえ、あります。
 そうなったら、常連さんをたくさん抱えているタクシー運転手ほど、有利。
 もしかすると・・・
 イケメンタクシードライバーがブームになるかもしれません・・・

 駐禁.com
 http://www.駐禁.com
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。