駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客待ちタクシー受難 (民間委託以前駐禁取締裁判)
 タクシー運転手、違法駐車で、ねじられたり、蹴られたり・・・
 7月21日東京地裁で、タクシー運転手が、東京都に約160万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決がありました。
 『判決によると、02年7月、警察官が男性の駐停車違反の取り締まりをした際、男性が車外に立っていた警察官にわざとドアをぶつけたかどうかをめぐってトラブルが起きた。警察官は男性を交番に連れて行く際、腕を背中側にねじり上げた状態で歩かせ、途中で腰をけるなどの暴行を加えた。さらに数十分間、交番内に男性を留め置いた』(http://www.asahi.com/ 07/21)
 事件が起きたのは、東京の六本木交差点で、当時、運転手は客待ちのため、停車していたとか。
 その現場を・・・
 『麻布署の巡査長から駐停車違反を指摘された。巡査長は交番への任意同行を求めたが、原告は断り、その場で反則切符を切られた』(http://www.nikkansports.com/ 07/21)とか。
 そして、前述のようなトラブルが発生したわけです。
 で、気になる判決は・・・
 『都に慰謝料など約30万円の支払いを命じた。端二三彦裁判長は警察官の暴行があったと認定。「男性の意に反するもので、任意同行のために許される限度を超えており違法」と述べた。交番内に数十分間留め置いた行為も同様に違法だと判断した』(同上)とか。
 02年といえば、4年前の話で、違法駐車取り締まりの確認作業が「民間委託」された今となっては。
 取り締まる側の「駐車監視員」が暴行されてたりするわけですが・・・
 それにしても、このタクシー運転手の事件もそうですが。
 違法駐車をめぐるトラブルの多くが、「違法駐車を指摘されてカッとなり」、起きています。
 気持ちはわかりますが。
 わざとドアをぶつけたかもしれないとか、それに怒って腰を蹴ったかもしれないとか・・・
 なんというか、「どっちも大人になりましょうよ」と、一言いいたいです・・・
 
  駐禁.com
http://www.駐禁.com

麻布署1
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。