駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれくらい捕まってるもの? 今の「駐禁事情」
 そもそも、違法駐車って、年間どれくらい摘発されているものなの?
 という疑問に答えてくれるのが、警察庁HPで公開されている、「平成17年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締り状況について」(http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu28/20050127.pdf)というファイル。
 それによれば、駐停車禁止場所等違反の件数は、平成16年度で97,519件、平成17年度は103,377件。
 駐車禁止場所等違反の件数は、平成16年度で1,570,089件、平成17年度は1,490,000件
 全国の免許保有者数は、ほぼ8,000万人ですから、単純計算で年間約50人に1人、違法駐車で摘発されていることになります。
 さらに、ペーパードライバー、サンデードライバー、車には乗らないが身分証明のため免許証を持っている高齢者ドライバーもいることなどを考えると、確率はもっと上がります。
 そして警察庁では、民間委託で、駐車違反の取締り件数は2倍になると予測しているといいます。
 つまり・・・
 今年からは、ドライバーの20人に1人は、年間に1度は違法駐車で摘発されるのではないでしょうか。
 今回の法改正で、おなじみの駐禁ステッカーやワッカに加え、新しく登場する違法駐車取締りの七つ道具ともいえる、「確認標章」という名のステッカー。
 できることなら、お目にかかりたくないものです・・・

 駐禁.com
http://www.駐禁.com


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。