駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐禁取り締まり強化1年の成果番外(「駐車監視員」制度の落とし穴5)
 ”志は高く、給料は低く”では、制度はもたない・・・
 ”みなし”公務員とはいえ、まちがいだらけの仕事しかしなかった社会保険庁の職員などに比べたら、はるかに優秀だった「駐車監視員」。
 まだ、制度がはじまって間もない、”一年生”だったことを考えると、その成果は驚異的ですらあります。
 たとえば、北海道では・・・
 『昨年(06年)6月施行の改正道交法で新設された駐車違反に伴う「放置違反金」の道への納付額が今年(07年)3月までで約8億4600万円に上ることが分かった。駐車監視員制度を導入するなどした経費を差し引いても約6億5000万円の「利益」が発生。一般財源の歳入に計上されるため、深刻な財政危機に苦しむ道には天恵となる』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/22)とか。
 また、栃木でも・・・
 『昨年(06年)6月から施行の改正道交法で新たに導入された、駐車違反車両の所有者に科される「放置違反金」が、今年(07年)5月末までの一年間で総額7,035万9千円に上ることが(6月)25日、分かった。同時期に導入された駐車監視員の民間委託予算約2,000万円を差し引いても、5,000万円以上の“黒字”が出たことになる』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 06/26)とか。
 これだけ”儲かった”最大の原因は、まず、”ドライバーの不注意”。
 「ちょっとくらい平気だろう・・・」と、これまでと同じような感覚で違法駐車し、車に戻ってフロントガラスのステッカーを発見、呆然となったドライバーも多かったと思われます。
 そして、つぎに、業務を忠実にこなした、”駐車監視員の努力”。
 なにしろ、だれもかれも、”一年生”からスタートしたのです。
 はじめのうちは、待遇がどうの、クレームがどうのと、いってる場合ではなく、それよりも・・・
 業務に慣れることに必死。
 おかげでその甲斐あって、作業スピードも格段に速くなりました。でも・・・(続く)

http://www.駐禁.com
スポンサーサイト
駐禁取り締まり強化1年の成果番外(「駐車監視員」制度の落とし穴4)
 「東京湾岸署」は何ユニット委託?・・・
 「違法駐車は許せない!」という、社会正義に燃えて・・・
 ”みなし”ではあっても、公務員という立場に憧れて・・・
 定年退職後、ひまつぶしに受講したら通ってしまい、応募したら採用されて・・・
 「駐車監視員」になったきっかけは、人それぞれだと思います。
 ”高い志”がなければ「駐車監視員」になってはいけない、などとは、規定されていないのですから。
 ただ、どんな考えから「駐車監視員」になったにしても、はじめのうちはどの人も、「駐車監視員」という仕事に、ある種の”期待”を抱いていたのではないでしょうか。
 違法駐車を減らすことで、社会に貢献できる。
 知人に「公務員」をやってると自慢できる。
 ひまつぶしになって、お金ももらえる。
 しかし、じっさいに、雨の日も風の日も、現場を回る仕事についてみると、思いもよらず。
 自分には向いてない・・・
 体力的にきつい・・・
 給料が安い・・・
 といった不満がたまる仕事のように、「駐車監視員」経験者の方々のブログを読むと、感じます。
 では、「駐車監視員」制度は、今後、どのように変わればいいのでしょうか・・・(続く)

http://www.駐禁.com
駐禁取り締まり強化1年の成果番外(「駐車監視員」制度の落とし穴3)
 個人の成績は関係ない、「駐車監視員」・・・
 よく、かんちがいしている人がいますが、違法駐車を確認する「駐車監視員」の報酬は、歩合制ではありません。
 そもそも、「駐車監視員」の資格をとったからといって、警察は「駐車監視員」ひとりひとりと、直接契約してくれません。
 契約は、警察と民間会社が結ぶのであって、仕事をしたい「駐車監視員」はまず、契約を交わした会社に就職しなければならないのです。
 しかも・・・
 警察との会社との契約は入札制なので、一度契約が成立したからといって、永続的に契約されつづけるわけでなく・・・
 一回だけ委託され、その後、委託されないということもあり、その場合・・・
 契約が終了した会社に所属している「駐車監視員」は、べつの、契約が成立した会社に転職できなければ、「駐車監視員」としては、失業してしまうのです。
 会社の本業が警備会社などで、「駐車監視員」の委託は副業の場合、運がよければ、「駐車監視員」から「警備員」へと配置転換され、雇用が継続されるケースもあるかもしれません。
 しかし、多くの「駐車監視員」は・・・
 プロスポーツの選手でもないのに、1年契約。
 しかも、06年度の現役「駐車監視員」=マカデミアン・ロッキー様によれば、『全国的に年収300万(弱)程度の仕事ですよ。普通に生活のためであれば他の仕事を選んだほうが良いです』(知ら猿 06/06/10)という待遇。
 プレッシャーがかかる業務でありながら、薄給・・・
 いわゆる”お役所仕事”のような簡単な仕事、と思って資格を取得し、高い倍率を突破して、幸運にも警察と契約を交わした会社に入社できても・・・
 途中でやめていく人が少なくない、といわれるのには、それなりの理由があるのです。・・・(続く)

http://www.駐禁.com 
駐禁取り締まり強化1年の成果番外(「駐車監視員」制度の落とし穴2)
 失業する”駐車監視員”・・・
 06年度、倍率10倍もの競争率(東京)を勝ち抜き、ようやく「駐車監視員」になったと思ったら、待っていたのは・・・
 あまりにも厳しい現実
 たとえば大阪では、07年6月から、『蛍光色の反射材でできており、背中と胸には黒字で「大阪府警」と記されている』(http://www.asahi.com/ 06/02)ベストを着用するようになりましたが、これは・・・
 『つば吐き、跳びげり、付きまとい・・・ 取り締まりに「逆切れ」した運転者らが監視員に食ってかかる事件が絶えず、「身を守るために」と府警が無償貸与した』(同上)ものだとか。
 かくも御難続きの「駐車監視員」、それを裏付けるもうひとつの数字に、公務執行妨害の件数があります。
 みなし公務員である「駐車監視員」の業務を妨害すると、公務執行妨害に問われ、逮捕されるのですが・・・
 06年6月~07年5月の一年間に起きた、『駐車監視員に対する暴行など公務執行妨害事件は82件』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 06/14)にも達しているのです。
 月平均じつに6.8人、全国で毎週1人以上の「駐車監視員」が、事件に巻きこまれている計算です。
 さらに・・・
 このような、理想的とはいいがたい勤務環境にくわえて、「駐車監視員」には、”失業”の危機がつねにつきまとっているのです・・・(続く)

http://www.駐禁.com
駐禁取り締まり強化1年の成果番外(「駐車監視員」制度の落とし穴1)
 じつは、”余っている”「駐車監視員」資格者・・・
 「駐車監視員」って、どんな人?、といわれて、ぱっと、その制服姿が頭に浮かぶ人は、意外にすくないんじゃないでしょうか。
 考えたら、緑色という以外に、「駐車監視員」の制服は、それほど特徴があるわけでもなく・・・
 というか、詳しく見て、よく覚えているという人は、あまりいないと思われます。
 逆に、通販サイトなどでも、売られていることから・・・
 制服のサイズや仕様などは、調べようと思えば、いくらでもデータが入手できます。
 また、違法駐車車両に貼られるステッカーも、その辺の違法駐車車両に、ホンモノが貼られているので・・・
 それを勝手にはがしてしまえば、入手できるわけです。
 そして、違法駐車確認作業に使用している端末やデジタルカメラも、これまた、一般の人が詳しく見る機会はないので・・・
 市販のものを使っていても、ちがいはほとんど分からないと思います。
 つまり、理論上は、”ニセ”警察官になるより、ずっと簡単に・・・
 ”ニセ”駐車監視員になりすますことができるわけです。
 さらに、「駐車監視員」の有資格者は・・・
 実際に業務にあたっている人数(06年度全国で1580人)の、何倍にもなっているのに・・・
 いまだに、「駐車監視員」の資格を取得するための講習の募集を続けています。
 ホンモノの「駐車監視員」が、どんどん増えつづけているわけです。
 もちろん、資格を持っていても、試験には”実地”がないため・・・
 現場で働くためには、訓練が必要で、いくらホンモノでも、初めのうちは作業に慣れず、「ほんとにホンモノなの?」といわれるような人が多いようですが、ただ・・・(続く)

http://www.駐禁.com
駐禁取り締まり強化1年の成果3(+240名の増員/都内「駐車監視員」)
 1,000名の大台にはのりません・・・
 06年6月から施行され、効果が挙がっている「駐車監視員」制度が、08年4月から都内23区で実施される予定であることがわかりました。
 『都内12区で行っている民間駐車監視員による違法駐車の取り締まりについて、警視庁交通部が来年4月から全23区に拡大する方針を固めたことが(6月)22日、分かった』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 06/23)
 06年度は12区(豊島区、文京区、台東区、墨田区、新宿区、渋谷区、千代田区、港区、中央区、品川区、江東区、江戸川区)43警察署が導入していた「駐車監視員」制度が、07年8月からは、5区(大田区、中野区、杉並区、板橋区、葛飾区)9警察署が追加され、さらに08年4月から、ついに都内23区77警察署へ拡大されることに。
 ちなみに、その人数は、『駐車監視員制度を23区77警察署に広げることで、計385組の駐車監視員が取り締まりに当たる予定』(同上)とか。
 ”組”と書かれているのは、「駐車監視員」は単独では行動せず、かならず2人1組(ユニットと呼ばれる)で活動するため。
 したがって、08年4月からは、385組=770人の「駐車監視員」が都内23区で見かけるようになるわけです(1,000人の大台には近づきませんでした)。
 ところで、「駐車監視員」は2人1ユニットで行動するので・・・
 新たに「駐車監視員」が導入される地域の皆さん、いくらそれっぽい格好をしている人間に、「お金くれれれば違法駐車見逃すよ」といわれても、相手が1人だったら・・・
 とりあわないでください。
 それは、”ニセ”駐車監視員です・・・(続く)

http://www.駐禁.com
駐禁取り締まり強化1年の成果2(+111名?の増員/都内「駐車監視員」)
 単純計算では+111名あまり・・・
 06年6月に施行された、違法駐車の確認作業を民間委託した「駐車監視員」制度。
 初年度は、全国に1270あまりある警察署のうち、270警察署が同制度を導入しましたが・・・
 『同庁(警察庁)は取り締まりを民間委託する警察署を、本年(07)度中に現在の270署から310署まで拡大する』(http://www.chunichi.co.jp/ 06/14)計画なんだとか。
 ちなみに、都道府県の中でも、もっとも多く「駐車監視員」制度を導入している東京では・・・
 全部で101ある警察署のうち、06年度は12区(豊島区、文京区、台東区、墨田区、新宿区、渋谷区、千代田区、港区、中央区、品川区、江東区、江戸川区)43警察署が、そして07年8月1日からは、新たに・・・
 5区(大田区、中野区、杉並区、板橋区、葛飾区)9警察署で、「駐車監視員」制度が導入されます。
 これにより、都内では、07年度、合計17区52警察署で「駐車監視員」制度の実施が決定。
 さらに、08年度になると、新たに25警察署が導入を予定しているといいますから・・・
 合計77警察署、おそらくは23区内全域で、「駐車監視員」の姿が見られるようになるのではないでしょうか。
 ただし、06年度には530人だった「駐車監視員」が、どのていど増員されるかについては、まだ明らかになっていません。
 単純に計算すれば・・・
 07年度:530人(06年度)÷43警察署×52警察署=約641人(+111名)、
 08年度:530人(06年度)÷43警察署×77警察署=約949人(+419名)となり、かぎりなく1,000人の大台に近づきますが・・・
 過去の実績をもとに、すでに実施している警察署でも、「駐車監視員」の見回り地域や、人員の見直しが行なわれる可能性もあり、なんともいえません。
 ただひとつ、いえることは。
 08年度、都内23区の幹線道路は、さらに迷惑駐車が減り、より運転しやすくなるのでは・・・

http://www.駐禁.com
駐禁取り締まり強化1年の成果1(平均1日4.8台)
 約279万件÷365日÷1580人=約4.83台・・・
 これが、06年6月1日から実施された「駐車監視員」初年度の、1日平均の違法駐車確認台数です。
 『駐車違反取り締まりの民間委託が昨年6月に始まってから1年間に、民間の駐車監視員と警察官が放置駐車違反のステッカー(確認標章)を張った件数は約279万件に上ったことが'(6月)14日、警察庁のまとめで分かった』(http://www.nikkansports.com/ 06/14)
 ちなみに、開始当初(06年6~8月)は、1日平均約3.3台でしたから、作業に慣れて、スピードアップしているのがわかります。
 なお、日本全国270警察署が民間委託した「駐車監視員」の総数は1580人ですが、「駐車監視員」は2人1組(ユニット)で行動するのが原則のため・・・
 1ユニットとしては、1日約9.66台。
 勤務時間が1日8時間だったとすると、”1ユニット1時間に約1台”という計算になります。
 では、この約4.83台という台数は、多かったのか、少なかったのか・・・
 じつは、”予想通り”なんです・・・(続く)

http://www.駐禁.com
容疑者? 被害者? (「駐車禁止除外指定車標章」規則改正その4)
 ”善意の踏み絵”? 「駐車禁止除外指定車標章」・・・
 障害者の利用する”車”から、障害者そのもの=”人”に交付するようになる・・・
 おおげさにいえば、”コペルニクス転回”をとげる、同標章制度。
 思うに、この交付条件の変更により、同標章制度の利用者は、今までより増加するのではないでしょうか。
 理由はただひとつ。
 免許や車を持たなくても、申請できるようになったから。
 そもそも、なぜ、このような制度があるかというと、おそらく・・・
 歩くのが不自由な傷害者が、車を利用してどこかへ行こうと思っても・・・
 行きたい目的地と駐車場が離れていたら、その間を歩かなくてはならず、車を利用するメリットが半減するため。
 特例として、ほんとは駐車してはいけない場所に駐車してもいいですよ、というものだったような気がします。
 そして、これまでは・・・
 「駐車禁止除外指定車標章」を交付するにあたり、その車が、傷害者本人が運転するか、または、障害者を介護するために家族などが運転する車であると、認定されることが必要でした。
 ところが、これからは、車はおろか、免許も持っている必要がないのです。
 知り合いに病院に連れて行ってもらうため、介護タクシーを利用するため、・・・
 日常生活のさまざまな場面で、同標章を利用する機会が増えるため、申請する人も多くなるのではないかと思うのです。
 そして、利用者の広まりは、もしかすると・・・
 新たなトラブルが生むかもしれません。
 たとえば、日本のどこかで、こんな風な会話が交わされるかも。
 「足が不自由なお隣りさん、これまではたいへんそうだなあと思っても、なにもできませんでしたが、新しいその標章があるなら、こんど、わたしの車に乗せていって、治療が終わるまで病院の前で待ってますよ。待ってても、車にいれば、駐禁とられないんでしょう」
 「ええ、そうです。ほんとうですか、助かります」
 「いえいえ。お互いさまですから。でも、病院の帰りに、ちょっと買い物行きたいところがあるんですけど、寄ってもいいですかね」
 「はあ、まあ」
 「よかったあ。そこは駐車場が離れてるし、いつもいっぱいなんで、重い荷物持って歩くの、いやだったんですよ。じゃあ、病院ではわたしが、買い物のときは、お隣りさんが車の中で待ってるということで」
 「ええ、まあ」・・・
 タクシー代もばかにならない、今の世の中・・・
 しかも、すべてがそう、とはいわないまでも、いくらかは”善意”のこもった申し出を、あなただったら断れますか・・・

http://www.駐禁.com
容疑者? 被害者? (「駐車禁止除外指定車標章」規則改正その3)
 全国で行なわれる制度見直し=「駐車禁止除外指定車標章」・・・
 『全国的には、障害の軽い人には標章を交付しないなど、基準を厳しくする動きも出ている』(http://www.kobe-np.co.jp/ 05/29)とされる、同標章制度。
 こうした動きの原因となった標章の不正利用は、06年度には全国で171件も検挙されたとか。
 しかしこれまでは、不正利用されたからといって、標章の没収や無効化、あるいは、標章を貸した(貸さざるをえなかった)障害者本人を罰する制度はなかったようです。
 それが、今回の制度見直しにより、標章を交付される対象が、障害者の車ではなく、障害者本人とされることで・・・
 どうも、同標章の”管理責任”が問われるようになるようです。
 『(愛媛件では)不正使用に対する標章返納制度も新設する』(http://mytown.asahi.com/ehime/ 05/23)
 たしかに、駐車監視員が違法駐車を確認していると、そこにあらわれたドライバーが。
 まるで、ドラえもんの新しい秘密道具「どこでもシャコ~」を手に入れたとばかりに、「駐車禁止除外指定車標章」を提示し、処分を免れるという事態が頻発したら・・・
 しかも、その標章が、他人から借りたものでもOKとなったら・・・
 あちこちで混乱が起きることはまちがいありません。
 ましてや、地方によっては、標章の交付基準を厳しくするのではなく、むしろ『(兵庫)新たに、聴覚、上肢機能、精神障害者も対象に加えた』(http://www.kobe-np.co.jp/ 05/29)り、『(愛媛)身体障害者手帳と小児慢性特定疾患児手帳を持っている人のみだったのを、戦傷病者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持った重度障害がある人にも広げる』(http://mytown.asahi.com/ehime/ 05/23)といったところもあるのです。
 交付対象を車から人に変える以上、標章を交付された本人が乗車あるいは利用していることを、「違法駐車取り締まり対象からの除外」の条件とする、という新しい基準は、たしかに合理的です。
 したがって、交付された本人がいない車のドライバーが、違法駐車取り締まり中の駐車監視員や警察官に標章をふりかざしたら、「不正利用だ」と指摘されるのも、当然です。
 ただし・・・ (その4につづく)

http://www.駐禁.com
容疑者? 被害者? (「駐車禁止除外指定車標章」規則改正その2)
 不正利用は没収? 「駐車禁止除外指定車標章」・・・
 5月28日、兵庫県警交通規制課は、『「駐車禁止除外指定車標章」の交付基準を厳しくするほか、これまで取り締まりの対象外だった郵便局の配送車両を対象に含めるなど、7月から実施規則を見直す、と発表した』(http://www.kobe-np.co.jp/ 05/29)
 ここにある”郵便局の配送車両”とは、手紙などの郵便物ではなく、民間の宅配便と競合する「ゆうパック」の配送車のことで、これについては、以前から・・・
 「郵便局も民営化されるのに、特別扱いはおかしい」と、疑問の声があがっていたのにこたえて、取り締まるようにしたもの。
 こちらの取り締まり強化については、”ごもっとも”ですが、問題は、”交付基準を厳しく”とある、「駐車禁止除外指定車標章」のほう。
 前回も報告したように、たしかに、同標章の不正利用には、目にあまるものがあります。
 そのため、こんどからは、同標章の交付対象を、車ではなく、必要としている本人自身に交付するように変更して、いわば、身分証のようなものになるわけですが・・・
 こうすることにより、障害者が自分の車でなく、介護タクシーを利用する場合も、駐禁取り締まりの対象から免除されるようになるとか。
 なかなか便利なような気もします。
 しかし、便利になる反面・・・
 『介護者らが不正使用した場合、標章の返還など厳しく対処するという』(http://www.kobe-np.co.jp/ 05/29)とか。
 じつは今までは、不正利用が発覚しても、「駐車禁止除外指定車標章」が没収されたり、無効になったりするような制度がなかったようです・・・ (その3につづく)

http://www.駐禁.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。