駐禁.com(ブログ)
民間委託となった、「駐車禁止取締り」にまつわる情報を掲載していきます。HP「駐禁.com」提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人初、駐禁関連報道
 テレビ局関係者ならあったものの、ありそうでなかった芸能人の駐禁関連報道・・・
 初めてのそれは、女性ファッション誌などの人気モデルにまつわるものでした。
 08年11月14日、『人気モデルの藤井リナさん(24)所有の原付バイクが、およそ70回もの、60万円にのぼる反則金を無視し続けていることが明らかになった』(http://www.fnn-news.com/ 08/11/14)
 芸能界には詳しくありませんが、忙しいタレントなら、プライベートであっても、ある程度の雑務は、事務所などが代行することもあるんじゃないかと思うので・・・
 『「振り込みの督促をしても、お金が入ってこないという話が一部ありまして?」との質問に藤井さんは、「本当ですか?(自宅に督促状が来ていたことは?)全然わからないです。自分がそういう紙は管理してないんで」と話した』(同上)
 との報道にも、話の真偽のほどより、むしろ・・・
 ”簡単に考えてるんだなあ”、という感想が先に立ちました。
 藤井さんは、『「(バイクに駐車違反という紙が張ってあったことは?)前に何度かあったんですけど、しばらくは友達に貸してて、その間のこととかは、ちょっと聞いてみないとわからないんで」』(同上)とおっしゃってるようですが・・・
 「放置違反金」制度では、違法駐車をした車が、「人に貸した車」かどうかは、まったく関係ありません。
 「放置違反金」を支払わなければ、”財産の差し押さえ"が行なわれますし・・・
 違法駐車をしたのが車ではなく、ミニバイク(原付)であっても、最悪、逮捕される時は、逮捕されます。
 タレントといえば、イメージが命なわけで、万一そんなことになったら、致命的でした。
 『事務所によると、全額を支払ったという』(http://www.fnn-news.com/ 08/11/14)とのことなので、そんな心配はないでしょうが・・・
 へたをすると、駐禁がきっかけで引退に追い込まれた、初の芸能人になりかねないところでした・・・

http://駐禁.com
スポンサーサイト

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能

仕事熱心のあまり? パトカーが駐禁で反則切符
 泣こうがわめこうが”駐禁”の判定がくつがえらない、一般ドライバーの気持ちがわかってもらえたかも・・・
 07年11月につづき、パトカーが駐禁でつかまるというニュースが入りました。
 ただし、前回、三重県のケースでは、交通違反取り締まり中のパトカーが、駐禁で交通反則切符を切られたのですが・・・
 今回のはちょっと事情がちがい、事件を捜査中のパトカーが駐禁を犯していました。
 08年5月、神奈川県で、
 『空き巣の現場に駆け付けた神奈川県警金沢署員が交差点にパトカーを駐車して住民に通報され、道交法違反(駐停車禁止)容疑で、同署の署員から反則切符を切られていた』(http://www.zakzak.co.jp/ 08/05/27)のです・・・
続き

http://www.駐禁.com

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

監視員暴行で逮捕2件
 時おり、思い出しように報じられる、「駐車監視員」への暴行報道・・・
 過去の資料から、2件、出てきました。
 1=「撫でただけ」・・・
 07年7月3日、『大阪市浪速区元町2丁目付近の市道で、41歳の男性駐車監視員が駐車違反の取り締まりを実施していたところ、酒に酔った男が「何しとるんや?」などと難癖をつけてきた』(http://www.carsensorlab.net/ 07/07/07)
 『男は「自分のバイクを撮影した」として文句を言ってきたが、監視員が「バイクは撮っていない」と言い返したところ、平手で殴りかかってきた』(同上)のですが・・・
 『駆けつけた同署員に公務執行妨害の現行犯で逮捕』(同上)されると、『調べに対しては「ちょっと頭を撫でてやっただけ。大騒ぎしすぎ」などと供述している』(同上)とか。
 そういえば以前も、駐車監視員の頭をはたいて、「激励のつもりだった」と弁明している男がいましたが・・・
 裁判で、懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡されています。
 2=「ホストクラブ店長」・・・
 08年1月13日、愛知県警豊橋署は、ホストクラブの店長を逮捕。
 店長は、『知人が違法駐車した軽乗用車の確認作業をしていた66歳と56歳の駐車監視員2人に腹を立て、2人の頭をヘルメットの上から平手で数回殴り、公務を妨害した疑い』(http://www.asahi.com/ 08/01/13)。
 ちなみに、『駐車監視員2人にけがはなかった』(同上)といいますが、さきの暴行男の裁判でも、監視員たちにけがはなかったものの・・・
 『「社会的に到底許されない行為」』として、有罪となっているように、「駐車監視員」に対する公務執行妨害事件では、暴力の内容ではなく。
 ”暴行行為”そのものが許されないものとして、裁かれます。
 このホストクラブ店長は、『酒に酔っていた』(同上)といいますが、もちろん、酔っていても、罪は罪。
 裁判で裁かれることになるんじゃないでしょうか・・・ (08/05/09)

http://www.駐禁.com

テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。